2002.09.06

【EASD学会速報】 犬の7割が飼い主の低血糖に反応、汗のにおいを感知か

 インスリン治療中の糖尿病患者を対象とした調査で、飼い主が低血糖発作を起こした時、側にいた犬の7割が普段とは違う行動を示したことがわかった。低血糖時の汗には、ごく微量のカテコラミンが含まれており、そのにおいを犬がかぎ分けるのではないかという。オーストラリアでBrisbane Clinicを開業する糖尿病専門医、Alan E. Stocks氏の研究で、9月5日の一般口演「Hypoglycaemia」で発表された。

 低血糖は、インスリン治療の重大な副作用の一つ。ごく軽い低血糖なら補食で元に戻るが、特に高齢者では、低血糖状態に本人が気付かないケースがしばしばみられ、臨床上の大きな問題となっている。

 Stocks氏は2000年の暮れ、British Medical Journal(BMJ)誌に掲載されていた、「低血糖を知らせて飼い主の命を救った犬」の話に目を引かれた。その号はクリスマス特集号で、心温まる話やユーモラスなエピソードが掲載されている。そんなこともあるのかと、しばらくは気にもとめなかったが、たまたま来院した患者にふとその話をすると、「私の飼っている犬も、低血糖になっていることを教えてくれたことがある」との返事。

 俄然興味を抱いたStocks氏は、同氏のクリニックの受診患者462人を対象に、犬を飼っているかや、低血糖発作を起こした時に側に犬がいたか、その時に犬は普段と違う行動を示したかを尋ねるアンケートを行った。

 受診患者のうち、犬を飼っていたのは304人(65.8%)。4割弱の人は、低血糖発作を起こした時に犬が側にいたことがあり、うち67.9%が、「犬が普段とは違う行動を起こした」と回答した。

 犬の起こした行動で最も多かったのが、服のすそを引っ張る、他の家族を患者のところにつれてくるなどの「注意を引こうとする行動」。鼻を擦り付ける、なめる、落ち着かずうろうろする、吠えるなどの行動も多かった。こうした反応を示した犬に、性別や犬種、純血かどうか、家の中で飼っているか否かなどの差はなく、「低血糖に反応するという行動は、犬にごく普遍的な現象」(Stocks氏)であることがわかった。

 家の中で飼い主が低血糖発作を起こしたのを、家の外にいた犬が吠えて知らせたとの事例もあることから、Stocks氏は「犬は飼い主の異変を“見て”反応しているのではなく、他の手段で感知している」と推察。犬は嗅覚が特に鋭敏なので、汗のにおいを手掛りにしているのではと考えた。

 そこでStocks氏は、患者に協力してもらい、普通に運動した時と、インスリン注射で低血糖にして運動した時との汗のサンプルを採取。研究機関に分析してもらったところ、低血糖状態の時の汗には、アドレナリンやドパミン、ノルアドレナリンなど各種のカテコラミンが含まれていることがわかった。含まれるカテコラミン量はごく微量だが、「犬にとってこのにおいはおそらく“恐怖のにおい”で、それに反応するのだろう」とStocks氏は考察した。

 犬が反応するのが本当に汗に含まれるカテコラミンに対してなのかや、どのカテコラミンに反応しているのかなど、今後解き明かすべき課題は多い。しかし、Stocks氏の考察が正しければ、特定のカテコラミンのにおいに反応する「低血糖介助犬」を育成することも可能になる。実際、地震などの災害で生き埋めになった人を見つけ出す救助犬は、危機的状況に陥った人が放出するカテコラミンのにおいに反応するよう訓練されているという。

 Stocks氏は最後に、低血糖を知らせる介助犬は、特に一人暮らしのお年寄りにとってまさに命綱となると強調。「解決すべき課題は多いが、こうした患者を救うために、我々はできることは何でもやるべきだ」と述べ、満場の喝采を浴びた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正