2002.08.28

アメリカの観光農場でO157感染症が集団発生、家畜から人に直接感染

 家畜との「触れ合い」をうたった米国の観光農場で、2000年9月から11月にかけて起こった病原性大腸菌O157の集団感染について、米国疾病対策センター(CDC)がこのほど詳細な調査結果をまとめた。農場で飼われていた牛216頭のうち28頭(13%)が、O157のH7株(O157:H7)を保菌しており、家畜から人に直接感染したと考えられるという。

 O157は牛や山羊などの腸管内に常在しており、動物に対する毒性はないが、人が感染すると下痢などの食中毒症状を起こす。米国では加熱が不十分なハンバーガーによる集団感染事例が有名で、肉を食べることで感染する“burger bug”として知られてきたが、「従来はめったに起こらないと考えられていた“直接感染”が、実はかなり高い頻度で起こっている可能性がある」と研究グループは注意を促している。調査結果は、New England Journal of Medicine(NEJM)誌8月22日号に掲載された。

 O157:H7に感染、または感染が疑われた観光客は総計51人。多くが幼児で中央値は4歳、うち女性が半数を占めた。主な症状は血便や熱、嘔吐で、16人(31%)が入院した。重篤な合併症である溶血性尿毒症症候群(HUS)は8人(16%)に生じ、全員が10歳以下の子供。うち一人は末期腎不全を起こし腎移植を受けた。この集団感染で死亡した患者はおらず、農場の従業員で感染した人もいなかった。

 観光客のうち、感染した人としなかった人とを比較すると、「家畜に触った」人では感染率が高いことが判明。一方、「後で手を洗った」人では感染率が低かった。農場で飼われていた牛のO157:H7保菌率は13%で、一般に考えられている保菌率(0.5〜2%)より明らかに高かった。菌株も患者に感染したものと一致した。

 以上から研究グループは、「今回の集団感染は、家畜の皮膚などに触れたことが原因となった」と結論。特に小児では感染率が高いため、観光農場を訪れた後は、必ず手を洗うことが大切だとしている。

 この論文のタイトルは、「An Outbreak of Escherichia coli O157:H7 Infections among Visitors to a Dairy Farm」。アブストラクトは、こちらまで。

■ 参考トピックス ■
◆ 2002.5.15 オウム病◇テーマパークで初の集団感染、全国の類似施設に警鐘鳴らす−−日経メディカル5月号

-->感染症治療の最前線へ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 腹部X線写真であの臓器が見え過ぎていたら 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:62
  2. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動 FBシェア数:529
  3. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:278
  4. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:145
  5. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準 FBシェア数:824
  6. インフルエンザ、今週中にも全国的に流行入り 定点当たり報告数が0.93人に、15道府県が全域で流行 FBシェア数:303
  7. 大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略 寄稿◎2018−19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:70
  8. 開業医の妻としてぜひ果たしたい「最後の大役」 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:21
  9. グリニド:シュアポストがごぼう抜きで首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:48
  10. 新しいめまい疾患PPPDの問診票を作成 学会トピック◎第77回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正