2002.08.27

【日本精神神経学会速報】 日本精神神経学会が精神分裂病の呼称変更を総会で了承、レセプトでも「統合失調症」が使用可能に

 日本精神神経学会は8月26日、横浜市で第98回総会を開催し、精神分裂病の呼称を「統合失調症」へと変更することで会員の合意を得た。同学会「精神分裂病の呼称変更委員会」(委員長:東北福祉大教授・佐藤光源氏)事務局長の金吉晴氏(国立精神・神経センター精神保健研究所部長)が、呼称変更に至る経緯を説明後、挙手により採択。賛成113人、反対1人、保留・棄権8人のほか、929人が委任状を提出しており、賛成多数で了承された。

 精神分裂病という病名には、“精神が不可逆的に破壊される不治の病”といった、誤ったスティグマ(烙印)が社会的に付帯しており、患者・家族側から病名を変更して欲しいとの強い要請があった。同委員会では、変更する呼称として「スキゾフレニア」「クレペリン・ブロイラー症候群」と「統合失調症」の3案を検討。評議員を対象としたアンケートでは3案への支持が分かれたが、患者・家族へのアンケートでは「統合失調症」が最も高い支持を集めたため、言い換える病名としては「統合失調症」がふさわしいと答申、6月29日に理事会の承認を得ていた。

 同学会では既に、日本新聞協会など報道機関に向け新呼称を使うよう要請。7月23日には厚生労働省に対し、診療報酬請求書(レセプト)や障害年金などの公的書類においても、両名併記ではなく「統合失調症」という病名のみを記載できるよう求めた要望書を提出した。

 この要望書に対し、厚生労働省は8月7日付けで、レセプトなどに記載された「統合失調症」を精神分裂病と読み替えるよう、各都道府県に通知すると回答。併せて、現在2割に過ぎない病名告知を進め、インフォームド・コンセントに基づく医療を行うためにも、学会に対し1.統合失調症に関する市民向けのパンフレット作成、2.統合失調症の治療ガイドライン作成、3.病名変更後の病名告知進展度の調査−−などを行うよう求めたという。

 同委員会では今後、「分裂感情障害」や「分裂病型人格障害」など、schizo-の訳語として分裂という言葉が用いられている病名について、新たな呼称を検討する。また、schizophreniaの訳語として、中国や韓国などでも精神分裂病という表記を用いているため、これらの国にも「国際的に統一した病名を用いる」よう働きかけていく予定だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  2. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  3. 48歳男性。微熱、咳嗽、胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  4. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  5. 製薬企業から“離れた”学術講演会目指す NEWS
  6. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  7. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  8. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  9. 両側気胸はバッファローチェストが原因? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  10. その爪の赤色、出血? それとも腫瘍? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
医師と医学研究者におすすめの英文校正