2002.08.26

【投稿】割りばし死亡事件 どう考えても、最善を尽くしたとは思えません

 「割りばし事件の刑事告訴について」という投稿に対して、多くの方からメールをいただきました。以下は「最善を尽くしたとは思えません」と指摘される方からのものです。引き続き、皆さんのご意見をうかがえれば幸いです。編集部までメールでお送りください。送付先は、 medwave@nikkeibp.co.jp です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 読者から _/_/

 「先日、いわいる杏林大学、割りばし死亡事件の主治医が業務上過失致死で在宅起訴されました。これについて、世間や一般の医師は騒いでいる様子はありませんが、私は非常に危険なことだと思います。医師が、最善を尽くして診療し、その時に下した判断について過失を問われています」

 上記意見の方は、医師としての責任を余りに軽く考えているようで、同じ医師として非常に残念です。

 そもそも、割り箸がのどに刺さったなら、やはり、CTorMRIを考えなければならないし、経過観察のための入院も当然あってしかるべきです。

 どう考えても、最善を尽くしたとは思えません。

 この事件で、遺族に対して、嫌がらせの電話が何件も続き、おそらく病院関係者によるものと考えられ、その点についても、命を預かる立場の自覚ある医療者として、疑問を感じざるを得ないし、刑事告訴も当然ではないかと、私は考えます。

 「医療に対して警察が干渉してくるような潮流を看過していても良いものなのでしょうか」

 医者が特別な存在だという思い上がりも感じられます。。

 “医者は、自らの責任を果たした上で、評価される”ものであるということを分かっていらっしゃらないのではないでしょうか。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 読者から _/_/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳男性、胸痛 日経メディクイズ●心電図
  2. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  3. 「バーチカルギロチンにより正中矢状面で切断」で伝… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. rTMSの保険収載でうつ病治療はどう変わる? インタビュー◎薬剤抵抗性患者への一手がいよいよ保険適用へ
  5. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  6. 「乙武洋匡が歩く」ロボット義足で描く未来 リポート◎モーター搭載の義足開発「OTOTAKE PROJECT」始動
  7. アクアチムの一発査定にご注意を! セキララ告白!個別指導
  8. 陰性感情をコントロールするスキルを獲得しよう 診断エラー学のすすめ
  9. ティッシュで包んだ入れ歯を捨てちゃった! 小林光恵の「ほのぼのティータイム」
  10. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
医師と医学研究者におすすめの英文校正