2002.08.05

「軽度肥満」も心不全の危険因子、フラミンガム研究で判明

 米国の代表的な心疾患前向きコホート研究であるフラミンガム研究(Framingham Heart Study)に基づく解析で、高度肥満(適正体重を75%以上上回る肥満)ではない程度の肥満でも、心不全発症率が高くなることが明らかになった。女性では太り気味(過体重)のレベルでも心不全の有意な増加が認められたという。研究結果は、New England Journal of Medicine(NEJM)誌8月1日号に掲載された。

 高度肥満の人では、体重による重力負荷に加え、肥満による二次的な換気不全や睡眠時無呼吸などのため、心肥大型の心不全(肥大型心筋症)が多いことが知られている。しかし、そこまで至らない程度の肥満が心不全の危険因子になるかについては結論が出ていなかった。

 米国Boston医科大学のSatish Kenchaiah氏らは、フラミンガム研究の参加者5881人のデータを詳細に解析。研究登録時の体格指数(BMI)と、平均14年の追跡期間中の心不全発症との相関を調べた。参加者の平均年齢は55歳で女性が54%。肥満度はBMIが18.5〜24.9を「適正体重」、25.0〜29.9を「過体重」、30.0以上を「肥満」とした。体重と血圧値や血清脂質値、糖尿病の合併率などには相関が認められたため、解析はこれらの要素を補正した上で行った。

 他の類似研究との大きな違いは、心不全の診断を厳密に行っていること。発作性の夜間呼吸不全や頸静脈拡張、胸部X線上の心肥大などを主要クライテリア、両側性の足首の浮腫、夜間の咳、労作時の呼吸困難などを副次クライテリアと定め、主要クライテリアを二つ以上、または主要クライテリア一つと副次クライテリアを二つ以上満たす場合を心不全と診断した。

 追跡期間中に496人が心不全を発症し、累積発症率は年を追うごとに増加したが、心不全の発症率と登録時の肥満度とには男女共に相関があることが判明。適正体重の人と比べ、女性では2.12倍、男性では1.90倍、肥満の人では心不全を発症する比率が高かった。この相関は女性の方が明確で、女性では過体重のレベルでも有意に心不全が多かった。BMIを連続量として扱った解析でも、心不全の発症と有意な相関が認められ、BMIが1増えるごとに男性では5%、女性では7%、心不全が増加した。

 直接心臓に負担を与えるほどではない肥満が、なぜ心不全の発症と相関するのかは現時点では明らかではない。研究グループは、たとえ高度肥満と言えないレベルの肥満でも、糖・脂質代謝や血行動態、左室リモデリング、酸化ストレスなどに影響があり、それが複合的に心不全を引き起こしていると考察。国民の6割が肥満である米国では、心不全の予防という観点でも、適正体重の維持を推進すべきだと強調している。

 この論文のタイトルは、「Obesity and the Risk of Heart Failure」。アブストラクトは、こちらまで。


======= お知らせ =====================================================

病医院の経営層を対象とした「医療機関ホームページの実態調査」実施中です。

 この調査は、病医院を経営されている先生方を対象に、自院ホームページの開設状況や開設の目的、運用の実態や予算のほか、今後の運用方針などをおうかがいし、医療機関にとってのホームページの役割を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWaveおよび日経BP社の関連会社でカスタム出版などを手がける日経メディカル開発の媒体上で紹介させていただく予定です。ぜひご協力ください。

アンケート画面はこちらから。
http://webres.nikkeibp.co.jp/user/MWhp80201.html

=======================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:280
  2. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:65
  5. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1451
  6. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:304
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:176
  8. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:66
  9. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:223
  10. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:329
医師と医学研究者におすすめの英文校正