2002.07.28

【日本骨代謝学会速報】 骨粗鬆症薬併用療法の3年追跡データが発表、「骨折予防」「骨量増加」に適した組み合わせが判明

 信州大学整形外科の小林千益氏は7月27日、骨粗鬆症薬の併用療法に関する臨床試験の最新結果を、シンポジウム2「骨粗鬆症治療の新しい展開」で報告した。今回発表されたのは、介入後3年目までの追跡データ。ビスフォスフォネート製剤(ビス製剤)のエチドロン酸二ナトリウム(商品名:ダイドロネル)、活性型ビタミンD3とビタミンK2という、一般臨床で使用される機会が多い3剤について、骨量の増加と骨折予防という二つの観点から評価を行った。

 この臨床試験を行ったのは、小林氏と成人病診療研究所の白木正孝氏、大阪市立大学整形外科の高岡邦夫氏らを中心とする全国13施設。研究グループはまず、原発性骨粗鬆症患者を、単剤投与の3群(ビタミンD群、ビタミンK群、ビス製剤群)と2剤併用の3群(ビタミンD+ビタミンK群、ビス製剤+ビタミンD群、ビス製剤+ビタミンK群)の、計6群に無作為に割り付けた。

 さらに、成人病診療研究所における独自症例と無治療群を追加して、最終的に無治療群を含む7群間で臨床成績を比較した。評価症例の総数は観察時期により異なり、6カ月時点で757人、1年時点で699人、2年時点で529人、3年時点で421人。年齢や閉経年齢、体格指数(BMI)や既存椎体骨折の有無など、主要な患者背景には群間で差がなかったという。

 3年間追跡した時点で、「骨折予防」という観点で最も優れていたのは、ビス製剤とビタミンK2という組み合わせ。新規の骨折発生は、無治療群で3年間で35%に認められたのに対し、この2剤の組み合わせでは1件も発生しなかった。しかし、BMDの増加率そのものはビス製剤単独投与と変わらず、「この組み合わせは骨量を増やすという方向ではなく、骨質を改善することで骨折を防いでいる可能性がある」と小林氏は分析した。

 また、BMDの早期増加という観点では、ビス製剤と活性型ビタミンD3という組み合わせが最も優れていた。最初の6カ月では、ビス製剤単独よりもBMDの増加率が高く、「速やかに骨量を増やしたい」ケースには望ましい組み合わせであることが示唆された。

 一方、活性型ビタミンD3とビタミンK2との併用は、2年目までの追跡結果と同様、“不利な組み合わせ”であることが明らかになった。3年後のBMDは無治療群と有意差がなく、しかも新規骨折率は61%と、無治療群よりも高くなった。この組み合わせでは、骨吸収を反映する骨代謝マーカーである尿中デオキシピリジノリン(DPD)値が高値で、「それが高率な骨折発生に関与している可能性がある」と小林氏は述べた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  2. 新人ナースの友情 病院珍百景
  3. 気管支鏡後に胸部X線写真は全例撮影すべき? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  4. 癌の遺伝子パネル検査って、保険で行う臨床研究です… 記者の眼
  5. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか(訂正あ… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. 放射性ヨウ素内用療法は癌死亡を増やすか? JAMA Intern Med誌から
  7. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  8. 訪日外国人受け入れる医療機関リストを公表 厚労省と観光庁が連携
  9. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  10. 下口唇の腫脹、どうマネージメントする? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正