2002.07.22

FDA、植込み型心臓除細動器の適用を心筋梗塞歴のある人にも拡大

 米国食品医薬品局(FDA)は7月18日、Guidant Corporation社(インディアナ州インディアナポリス)製の植込み型心臓除細動器(ICD)の適用を、過去に心筋梗塞を発症したり、心機能が低下した患者に拡大した。1200人超を対象にした治験で、ICDを使った群が薬のみによる治療群に比べ、死亡率が31%減少したことを受けたもの。

 植込み型心臓除細動器はこれまで、過去に心停止を起こした人が適用だった。それ以外の人は、ICDが適用か否かを見極めるために、侵襲的な心臓の検査を受けなくてはならなかった。今回の適用拡大で、心筋梗塞歴のある人などは、こうした検査を受けずにICDを装着することが可能となった。

 治験では、742人の患者がICDを使用し、490人が薬のみで治療を行った。その結果、ICD群の死亡率が、対照群に比べ31%減少したという。なお、ICD群の3%で副作用が認められたものの、死亡とは無関係だったとしている。

 FDAは今回の適用拡大によって、同ICDの適用となる人は、米国で300万から400万人になるとしている。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:18
  2. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「ニキビが治りません!」と言われたら 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:8
  4. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:3
  5. 親の寄付なしには体育の授業もできない!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:2
  6. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:162
  7. 「実際に手術した患者はゼロ」との回答が9割超 医師1000人に聞きました FBシェア数:0
  8. 中堅スタッフの「残業逃れ」で募る不公平感 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:36
  9. 生後27日、女児。腹部膨満、哺乳不良。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. 横浜市が事前指示書「もしも手帳」を作ったワケ 横浜市医師会常任理事の赤羽重樹氏に聞く FBシェア数:14
医師と医学研究者におすすめの英文校正