2002.07.20

【日本動脈硬化学会速報】 「肥満を合併した脂質代謝異常者にはまず減量を」、肥満学会がアピール

 日本動脈硬化学会の「動脈硬化診療ガイドライン」では、動脈硬化性疾患の発症リスク判定に用いる危険因子から、今回のガイドライン改訂で「肥満」が除かれた。この点に関し、7月19日の「動脈硬化診療ガイドラインに関するコンセンサスカンファレンス」に日本肥満学会の代表者として出席した東京逓信病院の宮崎滋氏は、「体格指数(BMI)が25以上の肥満はリスクとして取り扱うのが妥当」と強調。肥満と判定された高脂血症患者には、減量を強く勧めるようガイドラインに盛り込むべきと訴えた。

 宮崎氏はまず、久山町研究から、肥満者では脳卒中死や心筋梗塞死が多いとのデータが得られていることを提示。さらに、日本人集団では脂質代謝異常や高血圧、高血糖の罹患オッズ比が、BMIが22の人を1とした場合にBMI25前後で2倍になるとのデータを示し、これらの疾患が肥満学会ガイドラインにおける「肥満に起因ないし関連し減量を要する健康障害」であることを強調した。

 その上で宮崎氏は、「動脈硬化学会のガイドラインで、脂質管理目標値に危険因子による差異を設けるのであれば、肥満も危険因子として取り扱うべき」と主張。肥満を合併した高脂血症患者では、減量により脂質代謝異常が是正されることから、高脂血症の診療で行われる「生活習慣の改善」策として減量を重視すべきだと述べた。

 座長を務めた帝京大学内科の寺本民生氏は「リスク評価という観点からは肥満をカウントするのが難しく、その意味での危険因子からは除いた。しかし、肥満は『マルチプルリスクファクター症候群』の根幹をなすものとしてガイドラインに盛り込まれている」と説明。これに対し宮崎氏は「食習慣の改善や身体活動性の向上など、生活習慣の是正がどの程度なされたかを判定する上でも体重は有用な指標」と指摘し、動脈硬化学会のガイドラインで、優先的な介入策として強調されている「生活習慣の改善」を指導する際にも、肥満度の評価が役立つと述べた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正