2002.07.05

米国でバンコマイシン高度耐性のMRSA、「VRSA」発見

 米国疾病対策センター(CDC)は、バンコマイシン高度耐性のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)である「VRSA」が6月にミシガン州で発見されたことを公表した。これは、CDCが毎週発行する死亡率や罹患率などに関するリポート「Morbidity and Mortality Weekly Report; MMWR」の7月5日号で報告された。バンコマイシンにある程度の耐性を持つMRSAは、1996年に日本でも発見されているが、高度耐性を持つものが確認されたのは今回が初めて。

 今回報告されたVRSAは、ミシガン州に住む40歳で、糖尿病と末梢血管疾患、慢性腎不全を持ち、透析を受けている患者から見つかった。同患者は昨年4月から、足の潰瘍治療のために、バンコマイシンを含む抗生物質を使っていた。その後今年6月、患者の足の潰瘍から、VRSAが確認された。

 CDCによれば、今回報告されたVRSAは、ミノサイクリンやキヌプリスチン/ダルフォプリスチン、スルファメトキサゾール・トリメトプリムなどの抗生物質に感受性が認められている。また、同患者の容態は現時点では安定しており、スルファメトキサゾール・トリメトプリムで治療を受けているという。

 CDCでは、全米の医療機関に対し、黄色ブドウ球菌のバンコマイシン耐性を調べVRSAやVRSAの疑われるケースなどについては、CDCに報告するよう呼びかけている。詳しくは、MMWR7月5日号まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「HPVワクチン名誉毀損訴訟」で抱く違和感 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  2. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  3. 爪が雲母のように分離してます… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  4. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  5. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 看護師の採用に“コツ”はあるか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. 腎盂腎炎の診断でCVA叩打痛が当てにならないこれ… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  10. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正