日経メディカルのロゴ画像

2002.07.05

米国でバンコマイシン高度耐性のMRSA、「VRSA」発見

 米国疾病対策センター(CDC)は、バンコマイシン高度耐性のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)である「VRSA」が6月にミシガン州で発見されたことを公表した。これは、CDCが毎週発行する死亡率や罹患率などに関するリポート「Morbidity and Mortality Weekly Report; MMWR」の7月5日号で報告された。バンコマイシンにある程度の耐性を持つMRSAは、1996年に日本でも発見されているが、高度耐性を持つものが確認されたのは今回が初めて。

 今回報告されたVRSAは、ミシガン州に住む40歳で、糖尿病と末梢血管疾患、慢性腎不全を持ち、透析を受けている患者から見つかった。同患者は昨年4月から、足の潰瘍治療のために、バンコマイシンを含む抗生物質を使っていた。その後今年6月、患者の足の潰瘍から、VRSAが確認された。

 CDCによれば、今回報告されたVRSAは、ミノサイクリンやキヌプリスチン/ダルフォプリスチン、スルファメトキサゾール・トリメトプリムなどの抗生物質に感受性が認められている。また、同患者の容態は現時点では安定しており、スルファメトキサゾール・トリメトプリムで治療を受けているという。

 CDCでは、全米の医療機関に対し、黄色ブドウ球菌のバンコマイシン耐性を調べVRSAやVRSAの疑われるケースなどについては、CDCに報告するよう呼びかけている。詳しくは、MMWR7月5日号まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)