2002.06.28

【再掲】 【ISH速報】高齢者中等度高血圧に対するカンデサルタンの効果を検討したSCOPE報告される

 本年3月の米国心臓学会(ACC)にて報告されたLIFE試験(関連トピックス)に続き、アンジオテンシン2(A2)受容体拮抗薬の高血圧に対する有用性を検討する試験が、6月27日のオーラル・プレゼンテーション 「Large Clinical Trials」で報告された。SCOPE(Study On COgnition and Prognosis in Elderly hypertension)と名付けられた試験では、A2受容体拮抗薬カンデサルタンによる高齢者中等度高血圧例の非致死的脳卒中減少効果が確認された。報告したのは数多くの大規模試験の統括者として有名なスウェーデンUppsala UnivsrsityのLenart Hansson氏。

 SCOPEは当初計画されていたプロトコールが変更され、以下のデザインで行われた。すなわち「70〜80歳」で「収縮期血圧が160〜170mmHg、拡張期血圧が90〜99mmHg」の少なくとも一方に相当し、MMSEスコア24以上の高齢高血圧例をカンデサルタン群(2477例)とその他の治療群(対照群:2460例)に無作為割り付けし、二重盲検法にて追跡した。

 当初はカンデサルタンの対照群はHCTZにプラセボを加える計画だったが、試験開始直後、より積極的降圧を支持するエビデンスやそれを受けたガイドライン変更があり、このようなデザインに変更されたという。

 試験の結果、「試験開始時血圧」と「試験終了時血圧」の変化は、カンデサルタン群で「166/90」mmHgが「145/80」mmHgに、対照群は「167/90」mmHgが「149/82」mmHgとなった。カンデサルタン群でより大きな降圧度が得られ、両群の降圧度の差は有意だった(p<0.001)。

 一次評価項目の「主要心血管系イベント」はカンデサルタン群で相対的に11%減少したが、有意差とはならなかった(p=0.19)。ただし「非致死的脳卒中」に限ると、カンデサルタン群で相対的に28%、有意な減少を認めた(p=0.04)。

 なお、当初のプロトコールでは降圧不十分の場合、両群ともハイドロクロロサイアザイド(HCTZ)を追加することになっていたが、それにしたがった形の「カンデサルタン+HCTZ」群と「HCTZ」群のみで比較すると、「主要心血管系イベント」は相対的に32%、カンデサルタン群で有意に減少していた(p=0.012)。

 二次評価項目の一つ「認知機能」は両群間で差を認めなかったが、試験前認知機能がきわめて優れていた例(MMSE スコア=29、30)を除くと、カンデサルタン群で認知機能低下が有意に抑制されていた(p=0.04)。

 A2受容体拮抗薬ロサルタンを心肥大をともなう高血圧例に用いたLIFE試験と対比すると、いずれの試験も糖尿病発症が抑制されている点と、心筋梗塞増加傾向が見られる点が共通している。

 糖尿病発症抑制に関してはACE阻害薬もCAPPP試験において利尿薬/β遮断薬に比べ抑制効果が強力であると報告されているが、心筋梗塞に関してはACE阻害薬が利尿薬/β遮断薬に比べ抑制傾向を示すとCAPPP、STOP-2試験で報告されており、A2受容体拮抗薬とACE阻害薬でこの点に相違があるか興味が持たれる。(宇津貴史、医学レポーター)

■訂正■
 2段落目から3段落目にかけて、「MMSEスコア24以上の高齢高血圧例にハイドロクロロサイアザイド(HCTZ)2.5mg/日を服用させたうえで、カンデサルタン群(2477例)とその他の治療群(対照群2460例)に無作為割り付けし、二重盲検法にて追跡した。当初はカンデサルタンの対照群はHCTZにプラセボを加える計画だったが」とあるのは、「MMSEスコア24以上の高齢高血圧例をカンデサルタン群(2477例)とその他の治療群(対照群:2460例)に無作為割り付けし、二重盲検法にて追跡した。当初はカンデサルタンの対照群はプラセボを服用する計画だったが」に訂正します。

 また、6段落目の「なお、当初のプロトコールで計画されていた」は「なお、当初のプロトコールでは降圧不十分の場合、両群ともハイドロクロロサイアザイド(HCTZ)を追加することになっていたが、それにしたがった形の」に改めます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:38
  2. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:3
  3. 親世代に広がる百日咳の見つけ方 トレンド◎百日咳患者の3割は成人、どう診断する? FBシェア数:34
  4. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:26
  5. 教科書に書いてある髄液循環は間違い 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:28
  8. 「着る」除細動器は不整脈死を減らせない NEJM誌から FBシェア数:40
  9. 業務効率化しても長続きしない…対処法は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:6
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師 FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正