2002.06.28

【ISH速報】 脳卒中再発後の痴呆をペリンドプリル+インダパミドが抑制−−PROGRESSサブスタディ

 昨年の欧州高血圧学会(ESH)で報告され、脳卒中後慢性期の積極的降圧治療による再発予防効果を実証した大規模試験PROGRESS(Perindopril pRotection aGainst REcurrent Stroke Study)のサブ解析が、6月27日のオーラル・プレゼンテーション 「 Large Clinical Trials」で報告され、脳卒中再発後の痴呆防止のためにも、脳卒中初発後に積極的な降圧を行う必要性が示された。フランスINSERM Unit360のChristophe Tzourio氏が報告した。

 PROGRESSは、脳卒中既往例を血圧に関係なく登録し、通常治療に「ACE阻害薬ペリンドプリル±利尿薬インダパミド」を追加する「降圧群」と、プラセボを追加する「プラセボ群」に無作為に割り付けた二重盲検試験。昨年のESHでは、「降圧群」における脳卒中再発28%の有意な減少(対プラセボ群相対比)ならびに、脳卒中再発例における痴呆発生の34%減少、重篤な認知機能低下の45%減少(いずれも有意)などが報告されていた(痴呆・認知機能に関しては文献未公表)。

 今回は、「降圧治療群」で脳卒中再発後に痴呆抑制が大きかったサブグループの解析が報告され、「初回脳卒中後の認知機能低下軽度例」ではプラセボ群に比べ痴呆発症が相対的に31%、それぞれ有意に減少することが明らかになった。これは重篤な認知機能低下に関しても同様だったという。

 Tzourio氏は「痴呆は効果的な予防法がなく、また脳卒中後は20〜30%が痴呆を発症するので、今回報告した予防法は臨床的に非常に重要だと考える」と述べている。

 なお、同日のオーラル・プレゼンテーション 「Hypertension in the Elderly」にてSYST-EUR痴呆サブスタディのフォローアップ試験の結果を報告したフランスUniversity ParisのF. Forette氏は、SYST-EURが脳卒中既往のない高血圧例に対する降圧治療の痴呆抑制作用を紹介した上でPROGRESSに言及し、「降圧による痴呆抑制効果は疑いのないものとなった」とコメントした。(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正