2002.06.26

患者一人1日当たり点数は診療所3.4%減、病院0.8%減−−日医の速報結果より

 日本医師会は6月21日、「緊急レセプト調査」の速報結果を発表した。2002年4月の患者一人1日当たりの点数は、診療所が694点で対前年同月比3.4%減、病院が1307点で同0.8%減だった。この調査は、全体で2.7%マイナスという4月の診療報酬改定による影響を調べる目的で実施。今回の速報結果は2001年と2002年の4月診療分データについて、会員の診療所3162カ所、病院318カ所のデータを比較したもの。

 レセプト1件当たりの点数でみると、診療所が2993点(対前年同月比3.6%減)、病院が1万6930点(同1.6%減)で、患者一人1日当たりの点数と同じく診療所の方が減少率は大きかった。レセプト1件当たりの日数については、診療所が3.7日(同0.8%増)、病院が10.8日(同0.4%減)だった。

 診療所(入院外)で診療科目別に患者一人1日当たりの点数を比較すると、内科が649.3点(同1.6%減)、小児科が471.3点(同1.6%減)、精神科が620.0点(同0.1%減)、外科が472.5点(同3.8%減)、整形外科が331.0点(同6.9%減)、産婦人科が494.0点(同2.9%減)、眼科が541.4点(同1.0%減)、耳鼻咽喉科が346.5点(同1.0%減)、皮膚科が387.2点(同2.9%減)、泌尿器科が1337.7点(同6.3%減)で、整形外科と泌尿器科の減少が目立っている。

 診療所(入院外)で院外処方と院内処方の別で患者一人1日当たりの点数を比べると、院内処方が555点(同10.4%減)、院内処方が491点(同3.3%減)となっており、院内処方への影響が大きかったようだ。

 なお、日医は、4〜6月の3カ月分の分析結果を基に対応を決めるとしている。この調査の最終的な結果は8月中旬に発表する予定。

■関連トピックス■
◆2002.6.24 日本病院学会速報】
4月の診療報酬改定により入院は1.2%減、外来は3.0%減−−日病の調査結果から

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1710
  2. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  3. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:74
  4. 終末期癌患者の鎮静に8年ぶりの手引き リポート◎鎮静に新たな概念を導入 FBシェア数:449
  5. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:328
  6. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:292
  7. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  8. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1274
  10. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:161
医師と医学研究者におすすめの英文校正