日経メディカルのロゴ画像

2002.06.25

FDAが手のひらで測るコレステロール値測定器を承認、重度冠動脈疾患患者の特定に有効

 米国食品医薬品局(FDA)は6月24日、手のひらで皮膚のコレステロール値を測る測定器、「Cholesterol 1,2,3」を承認した。従来の血液検査と併用することで、重度冠動脈疾患患者の特定に有効だという。

 Cholesterol 1,2,3の測定対象となるのは、50%以上閉塞した動脈が二つ以上ある重度冠動脈性心疾患が疑われるか、心筋梗塞歴のある人。体内のコレステロールの約11%が皮膚に含まれているため、冠動脈疾患が重度であると、皮膚コレステロール値が上昇するという。

 FDAによると、冠動脈閉塞の程度がわかっている649人の患者に対し、血液検査とCholesterol 1,2,3による測定を併用したところ、冠動脈の閉塞が最も著しい患者を特定することができたという。

 また治験では、重度冠動脈疾患または心筋梗塞歴のある人に対し、Cholesterol 1,2,3による測定を行い、重度冠動脈疾患の有無を予測した。その結果、血中コレステロール値や他のリスク因子のみの場合と比べ、Cholesterol 1,2,3測定値を加えることで、同疾患リスクに関する情報を4〜15%増やすことができたという。

 Cholesterol 1,2,3の製造元は、International Medical Innovations社(カナダ、トロント)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)