2002.06.25

FDAが手のひらで測るコレステロール値測定器を承認、重度冠動脈疾患患者の特定に有効

 米国食品医薬品局(FDA)は6月24日、手のひらで皮膚のコレステロール値を測る測定器、「Cholesterol 1,2,3」を承認した。従来の血液検査と併用することで、重度冠動脈疾患患者の特定に有効だという。

 Cholesterol 1,2,3の測定対象となるのは、50%以上閉塞した動脈が二つ以上ある重度冠動脈性心疾患が疑われるか、心筋梗塞歴のある人。体内のコレステロールの約11%が皮膚に含まれているため、冠動脈疾患が重度であると、皮膚コレステロール値が上昇するという。

 FDAによると、冠動脈閉塞の程度がわかっている649人の患者に対し、血液検査とCholesterol 1,2,3による測定を併用したところ、冠動脈の閉塞が最も著しい患者を特定することができたという。

 また治験では、重度冠動脈疾患または心筋梗塞歴のある人に対し、Cholesterol 1,2,3による測定を行い、重度冠動脈疾患の有無を予測した。その結果、血中コレステロール値や他のリスク因子のみの場合と比べ、Cholesterol 1,2,3測定値を加えることで、同疾患リスクに関する情報を4〜15%増やすことができたという。

 Cholesterol 1,2,3の製造元は、International Medical Innovations社(カナダ、トロント)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:29
  2. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:54
  3. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:53
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  6. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:71
  7. GPの”相棒”グラム染色を活用しよう! 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:31
  8. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:142
  9. 54歳男性。全身倦怠感と皮疹 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:28
  10. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:38
医師と医学研究者におすすめの英文校正