2002.06.20

GSKが国内初の長時間作動型β2刺激薬を発売

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月17日、気管支拡張効果が長時間持続するβ2刺激薬、キシナホ酸サルメテロール(商品名:セレベント)を発売した。今年4月11日付けで厚生労働省の承認を受けたもの(関連トピックス参照)。

 発売する製剤は、「セレベント 25 ロタディスク」と「セレベント 50 ロタディスク」の2種類。剤型はドライバウダー吸入型で、成人は1回50μg、小児(5歳以上)は25μg(50μgまで増量可能)を1日2回、朝と就寝前に吸入投与する。薬価は25μg製剤が1ブリスターで51.30円、50μg製剤が同69.90円。

 キシナホ酸サルメテロールは、1回の吸入で12時間以上の間、気管支拡張効果が持続する。従来の短時間作動型β2刺激薬のような即効性はないので、喘息治療においては長期管理薬(コントローラー)として用い、短時間作動型のβ2刺激薬を発作時の治療薬(リリーバー)、炎症治療用として吸入ステロイド薬を併用する。

 適応症は小児と成人の気管支喘息および慢性閉塞性肺疾患(COPD)。適応疾患としてCOPDとの疾患概念が記載されるのは国内では初めて。COPDは全世界で死因の第5位(2000年推計、WHO)を占める。国内での患者数は受診ベースで約22万人とされている。

 この件に関するグラクソ・スミスクラインのプレス・リリースは、こちらまで。(中沢真也、介護情報センター)

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.4.17 国内初の長時間作動型吸入β刺激薬が承認、効能にCOPDも

■ 参考トピックス ■
◆ 2002.6.12 米NAEPPの喘息ガイドラインが改訂、「第一選択」治療を明記

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:128
  2. 咳喘息を疑ったら吸ステ前に気管支拡張薬を インタビュー◎咳嗽ガイドラインが6年ぶりに改訂 FBシェア数:3
  3. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:112
  4. イナビルのシェアをゾフルーザが奪う構図 医師1000人に聞きました FBシェア数:60
  5. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:300
  6. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:35
  7. 「誕生日休暇」「子の行事休暇」導入の成果は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:7
  8. 1秒率の定義は、実は2種類ある 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:27
  9. 日経メディカル、動画を始めました! 記者の眼 FBシェア数:30
  10. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:26
医師と医学研究者におすすめの英文校正