2002.06.14

英国胸部学会、小児の市中肺炎管理ガイドラインを発表

 英国胸部学会(BTS)はこのほど、小児の市中肺炎管理ガイドラインを発表した。ガイドラインはBTSの学術誌であるThorax誌増補版(Supplement)に掲載されたほか、BTSのホームページ上でも公開された。

 同ガイドラインでは、小児の市中肺炎について得られているエビデンスに重み付けをした上で現状を整理。診断や治療、予防に関する推奨策を提示している。

 診断に関しては、小児の市中肺炎のうち2〜6割は原因病原体が不明で、混合感染も8〜40%で認められるものの、小児の年齢が病原体の推測に役立つと指摘。乳児ではウイルス感染が最も多く、より年長の小児で細菌感染性の場合は、肺炎球菌の感染後にマイコプラズマまたは肺炎クラミジア(chlamydial pneumonia)が二次感染したケースが多いとした。

 また、軽症で合併症のない急性肺炎(下気道感染)が疑われる小児には、全例に胸部X線撮影を行うよう推奨。入院して加療する場合は、パルスオキシメーターが病状の把握に役立つが、炎症マーカーのC反応性蛋白(CRP)値や白血球数などの検査は「市中肺炎が細菌性かウイルス性かの判定には役立たないためルーチンに実施すべきではない」とした。血液培養や喀痰培養などは、入院加療するケースにのみ全例に行うべきとしている。

 治療に用いる抗菌薬については、5歳未満の小児では合成ペニシリン製剤のアモキシシリン(日本での商品名:サワシリンなど)、5歳以上ではアモキシシリンまたはマクロライド系抗菌薬のエリスロマイシン(同:エリスロシンなど)を第一選択薬として推奨した。

 代替薬としては、5歳未満では合成ペニシリン製剤とβラクタマーゼ阻害薬との合剤であるクラブラン酸・アモキシシリン(同:オーグメンチン)またはセフェム系のセファクロル(同:ケフラールなど)、5歳以上ではクラブラン酸・アモキシシリン、セファクロールまたはマクロライド系のクラリスロマイシン(同:クラリス、クラリシッド)、アジスロマイシン(同:ジスロマック)が推奨された。

 さらに、小児の市中肺炎の予防策として、1.受動喫煙の回避、2.b型インフルエンザ菌と百日咳のワクチン接種、3.人混みを避ける、4.家屋の改善−−の4点を挙げている。

 このガイドラインのタイトルは、「BTS Guidelines for the management of community acquired pneumonia in childhood」。現在、全文をこちら(PDF形式)で入手できる。同ガイドラインの概要や、昨年末に発表された成人市中肺炎管理ガイドラインも、BTSのホームページから入手可能だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
  2. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  5. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  6. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  8. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  9. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  10. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
医師と医学研究者におすすめの英文校正