2002.06.12

【日本皮膚科学会速報】 成人の伝染性紅斑、前駆症状は全身倦怠感と発熱が特徴

 小児の伝染性紅斑(いわゆるリンゴ病)の場合、左右の頬部に紅斑が出るのが特徴だが、成人の場合は出現しないことが多いため、皮疹からだけでは診断が難しいとされている。日生病院(大阪市西区)皮膚科の東山真里氏らは6月8日、日本皮膚科学会総会の一般口演「感染症3」で、3カ月間で大人の伝染性紅斑4例を診断したケースについて報告した。成人の場合は他のウイルス発疹症と区別しにくいので、こうした報告は臨床の現場で参考になると思われる。

 発表によると、全員に共通していたのは、前駆症状では全身倦怠感と発熱、皮膚症状では体幹と四肢における播種性小紅斑の多発、全身症状では関節痛だった。このほか、貧血や肝機能異常、白血球減少、異型リンパの出現などが、一部の患者でみられた。なお、紅斑は安静により3〜5日後に消退し、他の全身症状も1〜2週間で改善したという。

 4人の患者の内訳は、1組の夫婦を含む男性一人、女性3人で、2001年4〜6月にかけて診察した。すべて子供(4〜7歳)からの家族内感染が原因だという。なお、確定診断については、ヒトパルボウイルスB19のIgM、IgG抗体検査により行っている。

 大人の伝染性紅斑は、溶血性貧血患者であれば無形性発作、免疫不全患者であれば慢性造血障害、妊婦であれば胎児水腫などを引き起こすといわれている。さらに、紫斑病、血管炎、神経障害などの原因となりうるため、決して軽視できない感染症と言えるだろう。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 65歳女性。発熱、咽頭痛、胸痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 「医師になる気はない」と明言し医学部合格 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:225
  3. 何かに依存していることは悪いことか? 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:223
  4. サブスペシャルティ候補は90領域、審査は4月から NEWS FBシェア数:6
  5. 主訴<腹部激痛>なのに軟らかい腹の謎 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:87
  6. 昨年読んだ書籍、一番人気は『サピエンス全史』 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:33
  7. 院内に1人はいる“確定申告漏れ” Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:39
  8. 医師の時間外労働上限の特例、「年間1860時間」… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:43
  9. 飲酒前に服用する国内初の飲酒量低減薬 最新DIピックアップ FBシェア数:389
  10. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼 FBシェア数:298
医師と医学研究者におすすめの英文校正