2002.06.10

【再掲】 EUで分子標的医薬イマチニブがGISTに適応拡大

 スイスNovartis Pharma社は5月31日、同社が開発した分子標的医薬のイマチニブ(開発コード:STI571、日本での商品名:グリベック)が、欧州連合(EU)で転移性の消化管間葉腫瘍(GIST)に対する効能追加を受けたと発表した。米国では既に今年2月、GISTへの適応拡大がなされており、わが国での臨床治験は、近々開始予定という

 イマチニブは慢性骨髄性白血病(CML)の治療薬として、昨年世界各国で発売された分子標的医薬。癌の増殖・転移シグナルを伝達するチロシンキナーゼの阻害薬で、CMLに特異的な融合染色体などのTKを阻害する。

 GISTは胃や大腸などの消化管に発生する悪性腫瘍の一種だが、受容体型のチロシンキナーゼをコードする、c-kit遺伝子の変異が発症の引き金となると考えられている。イマチニブにはc-kitのチロシンキナーゼに対する阻害活性もあり、GISTに対する有望な臨床試験結果も出揃い始めている(関連トピックス参照)。

 今回EUで認められた適応症は、c-kit陽性の手術困難な転移性のGIST。この件に関するノバルティス ファーマのニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.5.22 切除不可・転移性GISTにおいてイマチニブは有用、第2相試験より

■訂正■
 1段落の「わが国では昨年5月からGIST患者を対象とした臨床試験がスタートしている」は「わが国での臨床治験は、近々開始予定という」の間違いでした。訂正いたします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検証:東京医大の入試不正はなぜ起こったのか 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《1》 FBシェア数:21
  2. 唇のプツプツがとれません。大丈夫ですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:15
  3. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:162
  4. 「入試不正、母校ながら情けなく思っています」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《3》証言その2 FBシェア数:51
  5. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:208
  6. 【レッスン2】異常陰影を指摘せよ 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:21
  7. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  8. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:169
  9. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:17
  10. 高齢者の肺炎は自宅で治療し自立度を保て! 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:68
医師と医学研究者におすすめの英文校正