2002.06.10

【再掲】 EUで分子標的医薬イマチニブがGISTに適応拡大

 スイスNovartis Pharma社は5月31日、同社が開発した分子標的医薬のイマチニブ(開発コード:STI571、日本での商品名:グリベック)が、欧州連合(EU)で転移性の消化管間葉腫瘍(GIST)に対する効能追加を受けたと発表した。米国では既に今年2月、GISTへの適応拡大がなされており、わが国での臨床治験は、近々開始予定という

 イマチニブは慢性骨髄性白血病(CML)の治療薬として、昨年世界各国で発売された分子標的医薬。癌の増殖・転移シグナルを伝達するチロシンキナーゼの阻害薬で、CMLに特異的な融合染色体などのTKを阻害する。

 GISTは胃や大腸などの消化管に発生する悪性腫瘍の一種だが、受容体型のチロシンキナーゼをコードする、c-kit遺伝子の変異が発症の引き金となると考えられている。イマチニブにはc-kitのチロシンキナーゼに対する阻害活性もあり、GISTに対する有望な臨床試験結果も出揃い始めている(関連トピックス参照)。

 今回EUで認められた適応症は、c-kit陽性の手術困難な転移性のGIST。この件に関するノバルティス ファーマのニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.5.22 切除不可・転移性GISTにおいてイマチニブは有用、第2相試験より

■訂正■
 1段落の「わが国では昨年5月からGIST患者を対象とした臨床試験がスタートしている」は「わが国での臨床治験は、近々開始予定という」の間違いでした。訂正いたします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 準強制わいせつ疑惑の乳腺外科医に無罪判決 NEWS FBシェア数:1188
  2. ERと鎮静――患者はどんな夢を見る? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  3. 悪液質症候群になったら栄養と補液をどうする? 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:90
  4. 日齢20、女児。発作性の咳嗽 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. 変わる学術大会を裏方はこう分析する 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《4》 FBシェア数:45
  6. 日本初の「自動車運転外来」って何をするの? トレンド◎増加する高齢ドライバー、リハビリで運転能力向上を目指す FBシェア数:27
  7. 徳田安春氏からの挑戦状に挑んだ若手研修医たち Cadetto通信 FBシェア数:144
  8. まずは爪の解剖学をよく理解しておきましょう 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:86
  9. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼 FBシェア数:263
  10. 朝食摂取習慣は必ずしも減量に貢献しない BMJ誌から FBシェア数:152
医師と医学研究者におすすめの英文校正