2002.06.10

【再掲】 EUで分子標的医薬イマチニブがGISTに適応拡大

 スイスNovartis Pharma社は5月31日、同社が開発した分子標的医薬のイマチニブ(開発コード:STI571、日本での商品名:グリベック)が、欧州連合(EU)で転移性の消化管間葉腫瘍(GIST)に対する効能追加を受けたと発表した。米国では既に今年2月、GISTへの適応拡大がなされており、わが国での臨床治験は、近々開始予定という

 イマチニブは慢性骨髄性白血病(CML)の治療薬として、昨年世界各国で発売された分子標的医薬。癌の増殖・転移シグナルを伝達するチロシンキナーゼの阻害薬で、CMLに特異的な融合染色体などのTKを阻害する。

 GISTは胃や大腸などの消化管に発生する悪性腫瘍の一種だが、受容体型のチロシンキナーゼをコードする、c-kit遺伝子の変異が発症の引き金となると考えられている。イマチニブにはc-kitのチロシンキナーゼに対する阻害活性もあり、GISTに対する有望な臨床試験結果も出揃い始めている(関連トピックス参照)。

 今回EUで認められた適応症は、c-kit陽性の手術困難な転移性のGIST。この件に関するノバルティス ファーマのニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.5.22 切除不可・転移性GISTにおいてイマチニブは有用、第2相試験より

■訂正■
 1段落の「わが国では昨年5月からGIST患者を対象とした臨床試験がスタートしている」は「わが国での臨床治験は、近々開始予定という」の間違いでした。訂正いたします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:76
  2. 64歳女性。発熱と皮疹 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 薬物乱用頭痛は病態を頭に入れて対処しよう 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:36
  4. 心房細動と心房粗動の脳梗塞リスクは異なる JAMA Network Open誌から FBシェア数:46
  5. 入院患者の不穏行動をAIで予知して防ぐ リポート◎手首装着型センサーを使ったシステムの開発が進展中 FBシェア数:90
  6. 町ぐるみで研修医に「本物の地域医療」を伝授 記者リポート FBシェア数:34
  7. 治療に直結する脳梗塞の病型診断 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. 風疹の国内流行が発生し始めている可能性が高い 感染研が緊急情報、首都圏で風疹患者が急増 FBシェア数:82
  9. 【漫画】患者さんの発言にビックリ ガンバレ薬剤師 FBシェア数:40
  10. 塗り分け注意!メサデルムとリンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正