日経メディカルのロゴ画像

2002.06.07

【循環器治療最前線の意識調査】 No.3 「心房細動の治療戦略やクラミジア除菌の位置付けが明確化」に高い関心

 MedWaveが日本循環器学会の速報サイト開設を機に実施した「循環器治療最前線の意識調査」では、MedWaveが速報した米国心臓学会(ACC)第51回学術集会「ACC '02」のトピックスを10本提示、どの記事に関心があるかを尋ねた。それによると、「心房細動の治療戦略やクラミジア除菌の位置付けが明確化」が60%で最も高い割合を示した(複数回答、n=50、図参照)。「米国の脂質管理ガイドライン、高齢者以外の心疾患リスクを過小評価か」が36%、「慢性心不全患者の死亡率、うつ病合併者で2倍に」が34%で続いた。続きはこちらから。