2002.06.04

カテーテル挿入部の消毒、ポビドンヨードよりクロルヘキシジンが有用

 カテーテル感染症の予防策として、挿入部の消毒は欠かせないものだが、使用する消毒薬によって予防効果がかなり異なることがわかった。ポビドンヨードよりも、グルコン酸クロルヘキシジンを用いる方が、敗血症の発症率が半減するという。研究結果は、Annals of Internal Medicine誌6月4日号に掲載された。

 この研究を行ったのは、タイNaresuan大学のNathohrn Chaiyakunapruk氏ら。Chaiyakunapruk氏らは、臨床現場でよく使われる2種類の消毒薬を比較した臨床試験8報をメタ分析し、敗血症の予防効果を比較した。

 プールされた対象患者数は総計4143人。すべて入院中の成人で、中心静脈カテーテルの挿入を受けており、8試験中5試験は集中治療室(ICU)の入院患者を対象としていた。メタ分析の結果、カテーテル関連の血液感染の発生率は、ポビドンヨードで消毒を行った患者ではおよそ2%。一方のグルコン酸クロルヘキシジンでは約1%で、ポビドンヨードより発生率が相対的に49%低くなることが明らかになった(危険率比0.51、95%信頼区間:0.27〜0.97)。

 以上から研究グループは、「中心静脈カテーテルを挿入する際は、挿入部をグルコン酸クロルヘキシジンで消毒した方が、ポビドンヨードで消毒するよりも血液感染の発生率を大幅に減らせる」と結論。消毒液としてグルコン酸クロルヘキシジンを採用することは、カテーテルによる血液感染を防ぐための「シンプルで効果的な方法」だと強調している。

 この論文のタイトルは、「Chlorhexidine Compared with Povidone-Iodine Solution for Vascular Catheter?Site Care: A Meta-Analysis」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:577
  2. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:57
  3. てんかん発作を感知し抑制するデバイス普及へ トレンド◎てんかんやパーキンソン病を電気刺激で治療 FBシェア数:160
  4. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  5. 飲酒量を減らす新薬セリンクロ、どう使う? トレンド◎治療目標に「飲酒量の低減」が加わったアルコール依存症治療 FBシェア数:17
  6. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:41
  7. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:374
  8. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:75
  9. 喘息の増悪で入院した患者に抗菌薬は無駄 JAMA Intern Med誌から FBシェア数:64
  10. 開業するのは誰のため?自分?それとも患者? 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正