2002.06.03

抗IL6r抗体、慢性関節リウマチ対象の後期第2相試験が終了

 中外製薬は5月28日、インターロイキン6受容体(IL6r)に対するヒト型化モノクローナル抗体の、慢性関節リウマチ患者を対象とした後期第2相試験がこのほど終了したと発表した。同薬は大阪大学と中外製薬が共同開発したもの(関連トピックス参照)で、日本と欧州で臨床開発が進められている。

 この試験は患者164人を対象としたプラセボ対照二重盲検試験で、プラセボ、実薬4mg/kg、実薬8mg/kgの3群に割り付け、4週間隔で3回点滴投与して至適用量を検討した。その結果、症状の改善度を米国リウマチ学会(ACR)の評価スコアで評価すると、20%の改善(ACR20)がプラセボ群の11.3%に対し、4mg/kg群では57.4%、8mg/kg群では78.2%に認められたという。

 既存のリウマチ治療薬では、ACR20の改善が得られる患者は2割程度と考えられており、高容量群で8割というのは期待の持てるデータだ。気になる安全性は、有害事象の発現頻度が実薬投与群でやや高かったが、十分許容できる範囲だという。中外製薬では今後、欧州での開発を推進する一方、わが国でも第3相試験を行う準備を進めている。

 臨床試験成績の詳細は、今年10月に開催される米国リウマチ学会で発表する予定。この件に関する中外製薬のプレス・リリースは、こちら(PDF形式)まで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2001.7.13 日本DDS学会速報】抗IL6r抗体、難治性の慢性関節リウマチに奏効

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 65歳女性。発熱、咽頭痛、胸痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 「医師になる気はない」と明言し医学部合格 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:225
  3. 何かに依存していることは悪いことか? 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:223
  4. サブスペシャルティ候補は90領域、審査は4月から NEWS FBシェア数:6
  5. 主訴<腹部激痛>なのに軟らかい腹の謎 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:87
  6. 昨年読んだ書籍、一番人気は『サピエンス全史』 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:33
  7. 院内に1人はいる“確定申告漏れ” Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:39
  8. 医師の時間外労働上限の特例、「年間1860時間」… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:43
  9. 飲酒前に服用する国内初の飲酒量低減薬 最新DIピックアップ FBシェア数:389
  10. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼 FBシェア数:298
医師と医学研究者におすすめの英文校正