2002.06.03

抗IL6r抗体、慢性関節リウマチ対象の後期第2相試験が終了

 中外製薬は5月28日、インターロイキン6受容体(IL6r)に対するヒト型化モノクローナル抗体の、慢性関節リウマチ患者を対象とした後期第2相試験がこのほど終了したと発表した。同薬は大阪大学と中外製薬が共同開発したもの(関連トピックス参照)で、日本と欧州で臨床開発が進められている。

 この試験は患者164人を対象としたプラセボ対照二重盲検試験で、プラセボ、実薬4mg/kg、実薬8mg/kgの3群に割り付け、4週間隔で3回点滴投与して至適用量を検討した。その結果、症状の改善度を米国リウマチ学会(ACR)の評価スコアで評価すると、20%の改善(ACR20)がプラセボ群の11.3%に対し、4mg/kg群では57.4%、8mg/kg群では78.2%に認められたという。

 既存のリウマチ治療薬では、ACR20の改善が得られる患者は2割程度と考えられており、高容量群で8割というのは期待の持てるデータだ。気になる安全性は、有害事象の発現頻度が実薬投与群でやや高かったが、十分許容できる範囲だという。中外製薬では今後、欧州での開発を推進する一方、わが国でも第3相試験を行う準備を進めている。

 臨床試験成績の詳細は、今年10月に開催される米国リウマチ学会で発表する予定。この件に関する中外製薬のプレス・リリースは、こちら(PDF形式)まで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2001.7.13 日本DDS学会速報】抗IL6r抗体、難治性の慢性関節リウマチに奏効

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正