2002.05.24

ASCO2002ダイレクト、トピックス・ランキング  21日のトップは「『ハーセプチン』治療を受けた乳癌患者で高率に脳転移」

 ASCO2002ダイレクトのトピックス・ランキングです。5月21日の1日でアクセスの多かった記事を調べました。それによると、トップは「『ハーセプチン』治療を受けた乳癌患者で高率に脳転移」で、「化学療法に伴う吐き気、手首のツボ刺激で緩和」が2位、「CML、肺癌治療とハイリスク者の癌発症予防・早期発見に新知見−−プレナリーセッションより」が3位でした。以下にベスト10を紹介します。

◆ 2002.5.20 「ハーセプチン」治療を受けた乳癌患者で高率に脳転移

◆ 2002.5.19 化学療法に伴う吐き気、手首のツボ刺激で緩和

◆ 2002.5.21 CML、肺癌治療とハイリスク者の癌発症予防・早期発見に新知見−−プレナリーセッションより

◆ 2002.5.20 難治性の進行非小細胞肺癌に分子標的薬ZD1839(Iressa)が奏効

◆ 2002.5.20 乳癌患者への術後補助療法、TACはFACより再発率が低く生存率が高い

◆ 2002.5.20 臨床研究の倫理的妥当性、確保にはIC以外の要素も重視を−−特別セッションより

◆ 2002.5.17 ASCO2002ダイレクト、本日開設

◆ 2002.5.21 の血管新生を標的とする薬剤に有意な進行抑制効果

◆ 2002.5.19 抗菌処理カテーテル、癌患者の敗血症発生率を大幅に低減

◆ 2002.5.20 3種の異なるアロマターゼ阻害薬は閉経後進行性乳癌患者でエストロゲン抑制を示す、抑制効果は薬剤間で異なる

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
  2. 6歳女児。発熱、咽頭痛、皮疹 日経メディクイズ●小児
  3. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  4. 30歳代女性。頭痛 日経メディクイズ●救急
  5. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. PPIの長期使用は死亡リスク上昇に関係する BMJ誌から
  7. 糞便移植療法で患者が死亡、FDAが警告を発出 NEWS
  8. 現場を戦々恐々とさせる「医師の働き方改革」 記者の眼
  9. 鎮咳薬:まずメジコン、不十分ならコデイン系? NMO処方サーベイ
  10. 面接で「採用したくない!」と思わせた看護師 キャリアお悩み相談室
医師と医学研究者におすすめの英文校正