日経メディカルのロゴ画像

2002.05.24

ASCO2002ダイレクト、トピックス・ランキング 22日のトップは「CML、肺癌治療とハイリスク者の癌発症予防・早期発見に新知見」

 ASCO2002ダイレクトのトピックス・ランキングです。5月22日の1日でアクセスの多かった記事を調べました。それによると、トップは「CML、肺癌治療とハイリスク者の癌発症予防・早期発見に新知見」で、「『ハーセプチン』治療を受けた乳癌患者で高率に脳転移」が2位、「化学療法に伴う吐き気、手首のツボ刺激で緩和」が3位でした。以下にベスト10を紹介します。

◆ 2002.5.21 CML、肺癌治療とハイリスク者の癌発症予防・早期発見に新知見−−プレナリーセッションより

◆ 2002.5.20 「ハーセプチン」治療を受けた乳癌患者で高率に脳転移

◆ 2002.5.19 化学療法に伴う吐き気、手首のツボ刺激で緩和

◆ 2002.5.21 癌の血管新生を標的とする薬剤に有意な進行抑制効果

◆ 2002.5.21 進行性NSCLCへの化学療法、単剤投与より2剤併用で生存期間が延長−−プレナリーセッションより

◆ 2002.5.20 乳癌患者への術後補助療法、TACはFACより再発率が低く生存率が高い

◆ 2002.5.21 ASCO発表の大規模第3相RCT、論文化率は結果に左右

◆ 2002.5.21 Anastrozoleとの比較臨床試験、Letrozoleの奏効率が高いことが報告される

◆ 2002.5.21 ASCO2002ダイレクト、トピックス・ランキング 
20日のトップは「化学療法に伴う吐き気、手首のツボ刺激で緩和」


◆ 2002.5.19 抗菌処理カテーテル、癌患者の敗血症発生率を大幅に低減