2002.05.22

【日本糖尿病学会速報】 腎症関連が疑われる30個ほどのSNPsを発見、さらに絞り込みへ−−特別講演より

 大会最終日の午後、会場のメインホールにて、わが国のヒトゲノム研究の第一人者である東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析研究センターの中村裕輔氏を招聘して特別講演「ポストシーケンス時代の疾患遺伝子解析研究」が行われた。会場はほとんど満席となり、糖尿病においても、遺伝子に関する知見をベースとした今後の診断・治療法研究開発への期待が高いことがうかがわれた。

 中村氏は冒頭で、ヒトゲノム・遺伝子研究の意味を改めて強調した。すなわち、遺伝子を知ることは、新薬開発や既存薬剤の応答(効き目)・副作用を知るエビデンスとなること、患者の遺伝子による薬剤応答性の違いを知り薬剤治療の「種類、用量、使用時期」のエビデンスを得ること、そして再生医療のためのツールとすること、の三点の意義があると述べた。

 次に、同氏がリードするSNPs(一塩基遺伝子多型)探索と疾病関連SNPs研究の最新状況について語った。同氏は国家プロジェクトであるSNPs解析研究で、これまでに23億塩基対を解析し、21万個のSNPsを発見したと述べた。その中で、日本のSNPs解析は実際のDNAの機能部分であるcDNAに対してのものであるため、「欧米の探索結果より数は少ないが信頼性・実用性は高い」と強調した。また、SNPsは500万〜1000万個の規模と指摘し、個人が持つ複数のSNPsの組み合せにより、個々の発症リスクや薬剤応答も変わると語った。

 具体的な疾病関連SNPs探索の状況については、特に糖尿病でも大きな問題となる腎症についてプロジェクトチームが組織され、すでに30個ほどの関連疑いのSNPsを発見、さらに絞り込みを行う段階にきているという。ここでも同氏は、欧米のSNPs探索に比べて、日本の国家プロジェクトでの患者サンプル数は700人前後と多く、より信頼性が高いことを強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  2. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  3. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
  4. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  5. 軟部陰影の異常をどう読む? 今さら聞けない画像診断のキホン
  6. “お役所仕事”な定期予防接種の特例 泣かせない小児診療ABC
  7. 「暴れる患者」に対応する方法 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
  8. どうなる?メソトレキセートの供給不足 トレンド(DIオンライン)
  9. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  10. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
医師と医学研究者におすすめの英文校正