日経メディカルのロゴ画像

2002.05.19

抗菌処理カテーテル、癌患者の敗血症発生率を大幅に低減

 抗癌薬の投与時に、抗菌薬を浸透させた中心静脈カテーテルを使用すると、通常のカテーテルを使用した場合よりもカテーテル関連血流感染の発生率が大幅に低下することがわかった。栄養管理(中心静脈栄養)などの際に抗菌処理カテーテルを使うと、血流感染のリスクが低減することは知られていたが、対象を抗癌薬投与下の癌患者に絞った研究は初めて。研究結果は、5月18日の一般口演「Symptom Control, Palliative, and Elderly Care」で、米国M. D. Anderson癌センターのH. Hanna氏らが発表した。

 抗癌薬は通常、前腕の静脈から注入するが、抗癌薬の中には血管外に漏出すると重篤な皮膚障害を起こすものがある。そうした抗癌薬は、中心静脈カテーテルを留置して投与することが多い。しかし、中心静脈カテーテルは血流感染を起こしやすく、抗癌薬投与が「命綱」となっている患者にとっては深刻な問題となっていた。

 そこで研究グループは、対象患者を無作為に2群に分け、抗菌処理カテーテルがどの程度血流感染を防ぎ得るかを検討した。抗菌処理カテーテルとしては、抗菌薬のミノマイシンとリファンピンを浸透させた、シリコン製の中心静脈カテーテル(M-Rカテーテル)を用いた。対象患者は227人で、平均年齢は55歳。6割が男性で固形癌が65%を占める。3割強に白血球減少があり、約半数が抗菌薬の予防的投与を受けていた。

 3カ月後にカテーテル敗血症の発生率を比較したところ、M-Rカテーテルの留置患者では1%、普通のカテーテルを用いた患者では8%で、M-Rカテーテルを留置した患者で有意に敗血症の発生率が低いことが判明(p=0.008)。血液培養が陽性で臨床症状もあるが、カテーテルが原因かどうかがはっきりしない「カテーテル敗血症疑い」も含めると、1%対18%と、その差はさらに大きくなった(p=0.001)。

 以上から研究グループは、「M-Rカテーテルを用いると、通常のカテーテルよりもカテーテル感染症のリスクを大幅に低減できる。白血球数が少ないなど、感染症にかかるリスクが高い患者では特に、こうした抗菌カテーテルの使用を考慮すべき」とまとめた。