2002.05.10

武田薬品と味の素−アベンティス、わが国第3のビス製剤を発売

 今年1月に製造承認、4月末に薬価収載された骨粗鬆症治療薬のリセドロン酸ナトリウムが、5月9日に発売された。いわゆる「2チャンネル2ブランド名」による販売で、武田薬品工業(製造・販売)が「ベネット」、味の素(製造)−アベンティス ファーマ(販売)が「アクトネル」との商品名で共同販売する。

 同薬はビスフォスフォネート製剤(ビス製剤)の一つで、わが国のビス製剤としては3剤目。1日1回起床時に服用するタイプで、服用法は昨年8月に発売されたアレンドロン酸ナトリウム(商品名:フォサマック、ボナロン)と同じ。薬価も2.5mg1錠161.10円と同一となっている。

 骨粗鬆症治療薬の市場規模は800億円程度で、うち6割をビタミンD3製剤が占めるとされる。リセドロン酸ナトリウムは、2ブランド併せて初年度に100億円以上の売上を目標としている。骨粗鬆症患者はわが国に約1000万人いるとされるが、医療機関を受診しているのは2割ほどで、製薬メーカーにとっては「潜在市場」の大きな分野。ホルモン補充療法(HRT)の骨粗鬆症への適応拡大もあり、この分野は今後患者の掘り起こしが急速に進みそうだ。

 この件に関する武田薬品工業のニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:215
  2. イナビルのシェアをゾフルーザが奪う構図 医師1000人に聞きました FBシェア数:40
  3. バス運転手の頭部MRI義務化って意味ある? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  4. 米コレステロール管理GL、5年ぶりに改訂 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:104
  5. 医者がアスリートになる時代! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:12
  6. 地方の医学部を「自動車学校」化しないために Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:27
  7. 循環器医に求められる症状緩和と意思決定支援 シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《2》 FBシェア数:65
  8. 喘息様患者や急性弛緩性麻痺患者からEV-D68 東京と広島から検出の報告相次ぐ FBシェア数:5
  9. 職員がタブレット端末を破損、弁償させられる? 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:26
  10. 心不全緩和ケアは普及期に入りました シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《1》 FBシェア数:261
医師と医学研究者におすすめの英文校正