2002.04.10

神経芽細胞腫の新生児スクリーニング、生存率を改善せず

 新生児や小児に神経芽細胞腫のスクリーニング検査を行っても、集団としての生命予後は改善されないとする研究報告2報が、New England Journal of Medicine(NEJM)誌4月4日号に掲載された。わが国は1970年代から、世界に先駆けて神経芽細胞腫のマススクリーニングを新生児に導入しており、現在でも6カ月検診の一環として実施する自治体は少なくない。今回の研究結果は、わが国の新生児スクリーニング事業にも大きな影響を与えそうだ。

 神経芽細胞腫は、1歳未満で発見されるものと、1歳以降で発見されるものとでは大きく転帰が異なる。1歳未満で発見された神経芽細胞腫の多くは自然に退縮するのに対し、1歳以降で発見されたものは比較的たちが悪く、既に遠隔転移が起こっている場合(ステージ4)も少なくない。

 今回報告された研究の一つは、カナダで生後3週および6カ月の新生児を対象に行われたマススクリーニングに関するもの。もう一つは、ドイツで1歳時に実施したマススクリーニングに関する研究だ。いずれも、わが国で行われている検査と同様に、尿中のホモバニリル酸(HVA)とバニリルマンデル酸(VMA)の濃度を指標にスクリーニングを行った。

 カナダの研究では、Quebec州で1989年から1994年までの5年間、新生児マススクリーニングを実施して、神経芽細胞腫による小児の死亡率がカナダや北米の他の州と異なるかを比較した。すると、この期間に生まれた小児約48万人のうち22人が神経芽細胞腫で死亡したが、この比率はマススクリーニングを行っていない他の4地域と変わらず、「早く見つけても生存率は改善されない」ことがわかった。

 ドイツの研究では、1歳以降発症例を見つけることを目的に、ドイツ16州中6州で1995〜2000年に1歳時マススクリーニングを実施。その期間に対象州で1歳を迎えた約260万人と、対象外の州の約210万人の小児との間で生命予後の違いを比べた。

 その結果、1.スクリーニング受診者(受診率約6割)では149人が神経芽細胞腫と診断されたが、スクリーニング時には陰性だった小児の中から後に55人が神経芽細胞腫を発症した、2.ステージ4の神経芽細胞腫発生率や神経芽細胞腫患者の死亡率は、スクリーニング実施州も非実施州も変わらない−−との2点が明らかになった。

 これらの研究が示唆するのは、6カ月時や1歳時に、マススクリーニングとして神経芽細胞腫の検査を行っても、「早く見つける」ことのメリットが認められないということ。わが国では、マススクリーニングで新生児に神経芽細胞腫が見つかった場合、経過観察を行う医療機関も少なくないが、侵襲的な検査を行ったり、すぐに手術する医療機関もある。現状では“たちの悪い”タイプの神経芽細胞腫を効率良く見つけられず、場合によっては“無意味な侵襲”を与える恐れがある以上、この疾患をマススクリーニングする意義には大きな疑問符が付けられたと言えそうだ。

 カナダの研究論文のタイトルは、「Screening of Infants and Mortality Due to Neuroblastoma」。アブストラクトは、こちらまで。ドイツの研究論文のタイトルは、「Neuroblastoma Screening at One Year of Age」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  2. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 25歳男性。動悸、失神 日経メディクイズ●心電図
  5. 耳鳴は難聴の代償反応、治療は脳リハで インタビュー◎耳鳴は拍動性の有無、聴覚検査などを基に診断
  6. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  7. 遺伝子治療に沸く米国と足をすくませる日本 記者の眼
  8. 診断の質を高める3つのReflectionを 診断エラー学のすすめ
  9. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの疾患 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  10. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
医師と医学研究者におすすめの英文校正