2002.04.08

【日本呼吸器学会速報】 非定型抗菌症の発症に関連する遺伝因子の探索が進む

 国立国際医療センター研究所呼吸器疾患研究部を中心とする研究グループで、非定型抗酸菌症の発症に関与している遺伝因子を明らかにする研究が進んでいる。その一端を、同研究部の田中剛氏が4月4日の口演で発表した。

 対象は、非定型抗酸菌症患者91人と健常者96人。非定型抗酸菌症は、非定型抗酸菌症診断基準を満たす肺Mycobacterium avium complex症例で、HIV症例や血液疾患症例、免疫抑制剤使用例(ステロイド含む)を除いた症例。

 田中氏らはまず関連遺伝子として、Th1系免疫に関わる遺伝子、自然免疫に関わる遺伝子、殺菌に関わる遺伝子を候補に挙げた。

 これらの近傍でマイクロサテライトを検索しプライマーを設定。マイクロサテライトの多系の有無を確認後、多系を示したものをマーカーとして使い症例と対照でタイピングを行った。

 その結果、Th1系免疫に関わる遺伝子のうち「IL−18R1」という遺伝子座が、また自然免疫・殺菌に関連する遺伝子では、「TLR4」という遺伝子座が、非定型抗酸菌症との関連性が強いことがわかったという。

 これらの遺伝子座が非定型抗酸菌症の発症にどのように関わっているかは今後の解析を待たなければならないが、遺伝子レベルでの解析の糸口が見つかったことは大きな一歩といえそうだ。


========================================================================
「市中肺炎診療の実態調査」ご協力のお願い

 MedWaveは、日本呼吸器学会および日本感染症学会の開催を機に、「市中肺炎診療の実態調査」(企画協力:日経メディカル開発)を実施しております。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、外来で遭遇する肺炎(市中肺炎)の診療方法や考え方、抗菌薬の処方経験、市中肺炎診療に関する情報ニーズなどをお伺いし、市中肺炎診療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。アンケート画面は --> こちらから

========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:24
  2. 不眠治療で大事な「3つのP」とは 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」 FBシェア数:71
  3. 明日出合うかもしれないまれな疾患に気付くには EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:137
  4. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:159
  5. 医師の4割超が詐欺や悪徳業者に遭遇 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《4》手口の実態(前編) FBシェア数:38
  6. 「病院病床バブル」はいつまで続くか? 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  7. 解決できない問題に遭遇、あなたならどうする? シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:15
  8. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:43
  9. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:56
  10. ノーベル賞と論文の被引用数「hインデックス」 記者の眼 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正