2002.03.29

三共、参天製薬にA2受容体拮抗薬を導出、緑内障治療薬として開発

 三共と参天製薬は3月27日、三共が緑内障治療薬として開発を進めてきたCS-088(開発コード、一般名:未定)の開発などに関する契約を締結したと発表した。この契約で参天製薬は、CS-088の全世界における開発・製造・販売権を保持する。

 CS-088はアンジオテンシン2(A2)受容体拮抗薬で、A2受容体拮抗薬の緑内障治療薬としての開発は世界初。ユニークな眼圧降下作用を持つ薬として注目を集めそうだ。国内での第1相試験は三共が実施したが、第2相以降の試験は眼科用薬に強みを持つ参天製薬が実施する。この件に関するニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正