2002.03.29

三共、参天製薬にA2受容体拮抗薬を導出、緑内障治療薬として開発

 三共と参天製薬は3月27日、三共が緑内障治療薬として開発を進めてきたCS-088(開発コード、一般名:未定)の開発などに関する契約を締結したと発表した。この契約で参天製薬は、CS-088の全世界における開発・製造・販売権を保持する。

 CS-088はアンジオテンシン2(A2)受容体拮抗薬で、A2受容体拮抗薬の緑内障治療薬としての開発は世界初。ユニークな眼圧降下作用を持つ薬として注目を集めそうだ。国内での第1相試験は三共が実施したが、第2相以降の試験は眼科用薬に強みを持つ参天製薬が実施する。この件に関するニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎の「退院」って何だろう? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:56
  2. ふるさと納税制度が改悪!? 私たちへの影響は Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:79
  4. GPは外科をどこまで学ぶべきか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:1
  5. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:20
  6. インフルエンザ、全国的に流行期に突入 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:13
  7. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:4
  8. こんな組織は“チームスクラップ”候補に! 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:2
  9. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:199
  10. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正