2002.03.26

米のACSガイドラインが改訂、GP2b/3a薬に“適応制限”

 米国心臓学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)は3月15日、両団体が共同で策定した急性冠症候群(ACS)の診療ガイドラインを改訂したと発表した。同ガイドラインは2000年9月に策定されたもので、策定後1年半での改訂は異例。全95ページのガイドラインの全文は、ACCおよびAHAのホームページで公開されており、近く概要がACCの学術誌であるJournal of the American College of Cardiology(JACC)誌と、AHAの学術誌のCirculation誌に掲載される。

 改訂版ガイドラインの基本構成は旧ガイドラインとほぼ同じ。Web版では、改訂点を対比できるよう、旧ガイドラインから削除された部分は文章に横線を引いて、追加した部分は文章に下線を引いて提示している。

 旧ガイドラインとの最大の相違点は、糖蛋白2b/3a(GP2b/3a)受容体拮抗薬のACS治療における位置付けが変わったこと。旧ガイドラインでは、「虚血状態が続く患者」や「経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を予定している患者」には全例、GP2b/3a受容体拮抗薬処方を「行うべき」(クラス1)としていた。しかし、改訂版では、クラス1の推奨は「PCIを予定している患者」のみに限定された。

 さらに、GP2b/3a受容体拮抗薬の種類によっても、推奨範囲に相違が現れた。エプチフィバチドとチロフィバンは、「虚血状態が続く患者」への投与を「行ってもよい」(クラス2a)と、旧ガイドラインのクラス1から1段階低い推奨へと変化。アブシクシマブについては、PCIを予定していない患者への投与は「行うべきではない」(クラス3)とされた。

 また、退院後の脂質管理に関しても、改訂ガイドラインでは一歩踏み込んだ介入を提示した。今改訂で新たに、高比重リポ蛋白(HDL)コレステロール値が40mg/dl未満の場合は、フィブラート系薬またはニコチン酸の投与を「行うべき」(クラス1)との推奨が追加された。低比重リポ蛋白(LDL)コレステロール値が100mg/dlを超える場合についても、今回新たに、入院24〜96時間以内にスタチン系薬の投与や食事療法の開始を「行ってもよい」(クラス2a)旨が追加された。

 長く議論が続いていたACSの治療戦略に関しても、より侵襲的な治療を推奨する側に勧告が推移した。発症早期から冠動脈造影を行い、狭窄や閉塞があればPCIや冠動脈バイパス術(CABG)を実施する「侵襲的治療」に関して、心筋傷害マーカーのトロポニンが高値の場合や心電図のST部位が新規に低下した場合、「行ってもよい」(クラス2a)から「行うべき」(クラス1)へと1段階高い推奨へと変わっている。

 このガイドラインのタイトルは、「Practice Guidelines Update: Unstable Angina and Non-ST-Segment Elevation Myocardial Infarction」。現在、全文をこちら(PDF形式)で閲覧できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
  3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
  5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
  6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
  8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
  9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
  10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
医師と医学研究者におすすめの英文校正