2002.03.22

【ACC '02速報】 安定狭心症患者の脳心事故、運動療法でPCIより低減

 安定狭心症患者に運動療法を行うと、冠動脈インターベンション(PCI)を行うよりも、脳心事故や症状悪化による入院などが減ることがわかった。「PET」(PTCA/Stent vs. Exercise Training in Symptomatic Patients With CAD)パイロット研究の結果によるもので、ドイツLeipzig大学心臓センターのRainer Hambrecht氏が、3月18日のシンポジウム「The Changing Therapeutic Role of Exercise Training in Contemporary Cardiology」で発表した。

 対象は、労作時に症状が出る安定狭心症患者101人。平均年齢は61歳で4割に心筋梗塞の既往があり、狭窄がある冠動脈数は半数が1枝、3割が2枝で、残りの2割には3枝に病変があった。Hambrecht氏は、対象患者を無作為に2群に分け、一方にはPCI、他方には運動療法を行って予後を比較した。

 1年が経過した時点で両群を比較すると、運動療法群(51人)では狭心症の悪化で一人が入院したのに対し、PCI群(50人)では6人が入院。PCIの(再)施行数は3人対9人、脳卒中の発症または冠動脈バイパス術(CABG)の施行数も2人対3人となり、いずれも運動療法群で少なくなった。1年後の無事故生存率は、PCI群が64%であるのに対し、運動療法群は90%と有意に高くなった(p<0.005)。

 運動中の心筋血流をシンチグラフィーで評価すると、PCI群と運動療法群は、同じ程度に回復していることが判明。しかし、最大酸素摂取能は、PCI群で施行前とほとんど変わらなかったのに対し、運動療法群では2割強の増加がみられた。CCS狭心症重症度評価でも、運動療法群の方がPCI群よりも大きな改善がみられた。

 この結果についてHambrecht氏は、「PCIでは主要冠動脈の血行のみが改善されるが、運動療法では末梢血管も含めた体全体の血行動態が改善されるため、運動耐容能が上がって症状の軽減や脳心事故の低下につながったのではないか」と考察。より長期的な効果について、今後検討を進めていきたいとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  2. 耳介後部の皮疹は播種性帯状疱疹? 隔離すべき? AntaaQAピックアップ
  3. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  4. 食欲不振、嘔吐が続く40歳代、患者の人生を変える… カンファで学ぶ臨床推論
  5. 脳動脈瘤、開頭か血管内治療か、どう決める? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  6. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  7. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  8. イニシンク、僅差でエクメットを上回り首位に NMO処方サーベイ
  9. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  10. 酸化マグネシウムが断トツ、安さと慣れで頻用 NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正