2002.03.19

【ACC '02速報】 スタチンの骨形成作用にビタミンD依存性、日本人対象の臨床研究が示唆

 金沢医科大学循環器内科の梶波康二氏らは、家族性高脂血症患者を対象に、スタチンの骨形成作用を検討。血中のビタミンD濃度と、骨代謝マーカーの変化率とに、正の相関があることを見出した。スタチンの骨形成作用を調べた過去の報告では、骨量増加作用などがあるとするものとないとするものがあり、明確な結論が出ていなかった。今回の研究結果は、骨量の増加にスタチンが「効く一群」があることを示唆するもので、今後の研究に影響を与えそうだ。梶波氏はこの研究結果を、3月18日のポスターセッションで発表した。

 臨床試験の対象は、家族性高コレステロール血症患者35人。うち女性は12人で全員が閉経後であり、対象者の平均年齢は52歳、平均総コレステロール値は356mg/dlだった。梶波氏らは、対象者が受けている脂質低下療法を4〜8週間中断(wash-out)した後、アトルバスタチンを12週間かけて1日量10mgから40mgへと漸増、40mgで12週間維持した。

 24週後の血清脂質は、総コレステロール値が平均356mg/dlから218mg/dl、低比重リポ蛋白(LDL)コレステロール値が278mg/dlから145mg/dlにまで下がった。しかし、骨代謝マーカーに関しては、全員の平均値を取ると介入の前後で有意な違いはみられなかった。

 ところが、介入前の血中のビタミンD濃度との相関を調べると、ビタミンDが50pg/ml以上の人では、骨量が増える方向にマーカーが動いていることが判明。一方、脂質の低下量や介入前の副腎皮質ホルモン(PTH)値と、骨代謝マーカーの動きとには特に相関がみられなかった。

 この結果について、梶波氏は「ビタミンD値が高い人で、骨量が増える方向に骨代謝マーカーが動くことは確かだが、ビタミンDをスタチンに併用すれば骨量が増えるとまでは言えない」と考察。紫外線を浴びるとビタミンD値は高くなるため、ビタミンDの高値は、骨量の維持に役立つ「身体活動性の高さ」を反映しているだけとも考えられるためだ。こうした点の検証に加え、「骨折の予防効果を評価項目とした、5〜10年に渡る長期的な試験が必要になるだろう」と梶波氏は話した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準 FBシェア数:619
  2. 同級生が設計してくれた医院に思わぬ落とし穴 開業の落とし穴 FBシェア数:21
  3. 73歳男性。露光部に多発する落屑・痂皮・びらんを… 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. ディオバン論文不正事件で判決、二審も無罪 薬事法違反を巡る裁判で一審を支持 FBシェア数:166
  5. 世界標準のOPATが日本で普及しない理由 成田赤十字病院/亀田総合病院 感染症科部長の馳亮太氏に聞く FBシェア数:129
  6. ダパグリフロジンで心血管リスクは増加せず 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:10
  7. クロピドグレルと併用するならどのPPIがいい? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:20
  8. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:32
  9. AIやIoTを駆使し医療の質や患者満足度を上げる リポート◎倉敷中央病院が目指すブリリアントホスピタルとは? FBシェア数:55
  10. 医師に求められる緩和ケアのスキルとは シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《4》 FBシェア数:24
医師と医学研究者におすすめの英文校正