2002.03.19

【ACC '02速報】 ACCは国境を越えた社会貢献を目指す−−会長講演より

 昨年9月にニューヨークで起こった同時多発テロを初め、世界各地で戦争や紛争が繰り返される中、我々に何ができるだろうか−−。今期学術集会の会長を務める米国Indiana大学のDouglas P. Zipes氏は、3月18日の会長講演で、聴衆にこう呼びかけた。

 この問いに対する一つの答えとしてZipe氏が挙げたのが、国家や民族、性別にかかわらず、すべての人に対する循環器疾患のケアの質を向上すること。この目標を実現するために、米国心臓学会(ACC)は二つの具体策を推進しているという。

 その一つが、ACCと科学系出版社のElsevier Science社が共同で立ち上げたウェブサイト、「ACCardio」だ。循環器分野の臨床試験情報や最新ニュース、治療方針決定支援ツールなど、専門医に欠かせない医療情報が1カ所で手に入る。こうした、国境に関わらず、必要な時にいつでもアクセスできる「インターナショナルな情報源を、今後もACCは充実していく」とZipe氏は強調した。

 ACCのもう一つの国際貢献策は、手術手技などのシミュレーターだ。ACCは今回、展示場に「SimTech '02」と題したブースを設けており、血管形成術などのトレーニングを受けることができる。シミュレーターには仮想現実(バーチャル・リアリティー、VR)技術が活用されており、Zipe氏は、「VR技術はこうした医学教育の未来のために欠かせないもので、世界のどこででも役立つだろう」と述べた。

 また、1980年からACCは、循環器分野の様々な診療ガイドラインを作成しているが、Zipe氏は「ガイドラインは所詮ガイドライン。実際の患者に当てはめる、つまり現実の診療(practice)とガイドラインとのギャップを埋める必要がある」と指摘。この目的のために、ACCと米国心臓協会(AHA)とが共同開発した「GAPツール」が、急性心筋梗塞のケアの質を上げたとの研究成果を紹介した。

 最後にZipe氏は、偏見を捨てて患者の声に耳を傾け、患者の良き友人、カウンセラー、アドバイザーになることが、循環器専門医の務めであると強調。今期の学術集会は「一つの命を救うことが人類愛につながる」との精神が生かされるものにしたいと結んだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  2. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:302
  3. 外部の歯科と連携したら在院日数が大幅短縮! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:126
  4. 本当に加熱式・電子タバコは吸っていいのか? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:3
  5. 呼吸器内科医が検査でよく目にする“メレンゲ” 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:12
  6. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト(後編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:30
  7. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:66
  8. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1505
  9. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67
  10. インフル予防接種で心不全患者の死亡リスク低減 Circulation誌から FBシェア数:116
医師と医学研究者におすすめの英文校正