日経メディカルのロゴ画像

2002.03.18

【ACC '02速報】 「ACC '02 LIVE」をネットでライブ中継、サマリー付きオンデマンド放映も4月に

 ACCは、専門医が今期学術集会のハイライトを総括する「ACC '02 LIVE」を、3月20日にライブ中継する。ケーブルテレビ網を通して全米の病院に配信されるほか、インターネット上でも閲覧が可能だ。

 放映時間は、現地時間の午後2時から3時半まで(日本時間では3月21日の午前4時から5時半)。米国医師会の生涯教育(CME)対象講座となっており、会員は閲覧すればCMEの単位を獲得できる。

 演者は、ACC '02プログラム委員のEric S. Williams氏(米国Indiana大学)、John M. Miller氏(米国Indiana大学)など約20人。心房細動の治療方針や心不全の評価・管理などに関し、大規模臨床試験などで得られた最新の知見が紹介される。講演内容を再構成したサマリー付きの「ウェブ講座」(webcourse)は、4月20日から1年間、見たいときにいつでも(オンデマンドで)閲覧できる。

 このほか、「LIFE」試験や「OVERTURE」試験などが発表される「Late Breaking Clinical Trials 3」も、3月20日正午(現地時間、日本時間では3月21日午前2時)からライブ中継が行われる。サマリー付きのウェブ講座も、3月28日からオンデマンド提供される予定だ。

 両プログラムとも、閲覧は無料だが登録が必要。詳しくは、Online ACC '02のホームページまで。