2002.03.13

転移性大腸癌に対する5-FU/FA療法、「夜間投与」で治療効果が倍増

 薬を夜間に投与することで、フルオロウラシル(5-FU)と葉酸(FA)とを併用する5-FU/FA療法の治療効果が倍増することが明らかになった。転移性大腸癌患者を対象に、フランスで行われた第2相試験による。生体リズムを利用するクロノセラピー(時間調整静注療法)が、癌治療分野で“市民権”を得る大きな契機となりそうだ。研究結果は、Journal of Clinical Oncology(JCO)誌3月1日号に掲載された。

 クロノセラピーは、癌細胞は夜間に、正常細胞は昼間に盛んに分裂するという生体のリズムを利用して、夜間に抗癌剤を投与する化学療法。抗癌剤は分裂中の細胞に作用するため、化学療法の治療効果を上げるだけでなく、副作用を軽減できるという特徴がある。抗癌剤の点滴は夜間に行われるため、患者にとっては昼間の時間が自由になり、生活の質(QOL)が維持できる治療法でもある。

 臨床試験の対象は、転移性大腸癌患者100人。全員、手術切除が不能で、化学療法の治療歴はない。5-FU/FAの投与は午後10時から午前10時にかけて行われた。5-FUの投与量は通常より大量の、1日当たり900〜1100mgとし、FAを1日当たり150mg併用した(いずれも体表面積1m2当たり)。投与スケジュールは5-FU/FAを連続4日間投与後、10日間休薬するというもの。これを1コースとし、100人で総計925コース(中央値9コース)の治療を行った。

 平均3.5年間追跡したところ、客観的な奏効率(ORR)は41%となり、うち20人の患者では腫瘍の切除が可能になった。患者の生存期間の中央値は17カ月で、2年生存率は28%、3年生存率は19%だった。一方の有害事象は、悪心・嘔吐(14%)、粘膜炎症(26%)、手足症候群(38%)、下痢(21%)がみられたが、副作用による死亡はなかったという。

 転移性大腸癌に対する化学療法では、一般に5-FU/FA療法が行われるが、通常の、つまり昼間に投与した場合の治療成績は、ORRで20%前後に留まっている。

 今回の研究結果が示唆するのは、同じ薬剤の組み合わせでも、夜間に投与することで、治療に反応する患者を倍増できるということ。ORRで41%という成績は、5-FU/FAにオキサリプラチンを併用した場合と遜色がなく、こうした「投与法の工夫」で癌の治療成績を向上できた好例と言える。

 なお、今回の研究では患者のQOLについての検討はなされていないが、クロノセラピーは夜間治療であり、患者が昼間に普通の生活ができるのも大きなメリットだ。クロノセラピーは、「癌と共に生きる」患者を支える大切な治療法となるだろう。

 この論文のタイトルは、「Phase II Trial of Chronomodulated Infusion of High-Dose Fluorouracil and l-Folinic Acid in Previously Untreated Patients With Metastatic Colorectal Cancer」。アブストラクトは、こちらまで。(張辛茹、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  2. 耳介後部の皮疹は播種性帯状疱疹? 隔離すべき? AntaaQAピックアップ
  3. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  4. 食欲不振、嘔吐が続く40歳代、患者の人生を変える… カンファで学ぶ臨床推論
  5. 脳動脈瘤、開頭か血管内治療か、どう決める? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  6. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  7. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  8. イニシンク、僅差でエクメットを上回り首位に NMO処方サーベイ
  9. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  10. 酸化マグネシウムが断トツ、安さと慣れで頻用 NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正