2002.03.06

FDA、核酸試験による血中HIVとHCVのスクリーニング試験を初承認

 米国食品医薬品局(FDA)はこのほど、核酸試験を用いた血中HIV(エイズウイルス)とHCV(C型肝炎ウイルス)のスクリーニング試験を承認した。この試験を用いることで、従来の抗体や抗原を検出するスクリーニング試験に比べ、HIVとHCV感染を早期に検出できるという。

 現状では、HCV感染についてはHCV抗体、HIV感染についてはHIV抗体やHIV-1抗原を用いて、献血血液のスクリーニングを行っている。だが、ドナーが感染して間もない場合、抗体や抗原が検出されず、試験結果が陰性と出てしまうことがあった。

 具体的には、HCV抗体を用いた試験では、ドナーが感染して平均82日間は偽陰性となってしまう。HIV抗体では同日数は22日、HIV-1抗原では16日という。今回承認を受けた核酸試験を用いることで、偽陰性が出てしまう日数はHCV感染で25日に、HIV感染では12日に、それぞれ短縮されるという。

 なお、今回承認を受けたスクリーニング試験の開発元はGen-Probe 社(カリフォルニア州San Diego)、発売元はChiron Corporation社(カリフォルニア州Emeryville)。米国では、HIV感染については85年から、HCV感染は90年から、それぞれ献血血液のスクリーニングを行っている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  2. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  3. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
  4. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  5. 軟部陰影の異常をどう読む? 今さら聞けない画像診断のキホン
  6. “お役所仕事”な定期予防接種の特例 泣かせない小児診療ABC
  7. 「暴れる患者」に対応する方法 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
  8. どうなる?メソトレキセートの供給不足 トレンド(DIオンライン)
  9. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  10. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
医師と医学研究者におすすめの英文校正