2002.03.06

FDA、核酸試験による血中HIVとHCVのスクリーニング試験を初承認

 米国食品医薬品局(FDA)はこのほど、核酸試験を用いた血中HIV(エイズウイルス)とHCV(C型肝炎ウイルス)のスクリーニング試験を承認した。この試験を用いることで、従来の抗体や抗原を検出するスクリーニング試験に比べ、HIVとHCV感染を早期に検出できるという。

 現状では、HCV感染についてはHCV抗体、HIV感染についてはHIV抗体やHIV-1抗原を用いて、献血血液のスクリーニングを行っている。だが、ドナーが感染して間もない場合、抗体や抗原が検出されず、試験結果が陰性と出てしまうことがあった。

 具体的には、HCV抗体を用いた試験では、ドナーが感染して平均82日間は偽陰性となってしまう。HIV抗体では同日数は22日、HIV-1抗原では16日という。今回承認を受けた核酸試験を用いることで、偽陰性が出てしまう日数はHCV感染で25日に、HIV感染では12日に、それぞれ短縮されるという。

 なお、今回承認を受けたスクリーニング試験の開発元はGen-Probe 社(カリフォルニア州San Diego)、発売元はChiron Corporation社(カリフォルニア州Emeryville)。米国では、HIV感染については85年から、HCV感染は90年から、それぞれ献血血液のスクリーニングを行っている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正