2002.02.28

英国胸部学会、非侵襲的人工呼吸のガイドラインを発表

 英国胸部学会(BTS)はこのほど、気管内挿管を行わず、鼻マスクなどで呼吸を補助する「非侵襲的陽圧人工呼吸」(NPPV)のガイドラインを発表した。ガイドラインはBTSの学術誌であるThorax誌3月号に掲載されており、近く学会ホームページ上でも公開される予定だ。

 同ガイドラインでは、NPPVの有用性などに関して得られているエビデンスに重み付けをした上で、現状を整理。疾患・病態別の適用の可否や施設要件などを提示した。

 適用が可能とされた疾患や病態は、1.慢性閉塞性肺疾患(COPD)で呼吸性アシドーシス(pHが7.25〜7.35)がある場合、2.脊柱側弯症や胸郭形成術後、あるいは神経筋疾患による二次性の炭酸過剰性呼吸不全、3.心原性の肺浮腫で持続陽圧呼吸器(CPAP)に反応しない場合、4.気管内挿管からの離脱時−−など。一方、患者に意識障害がありNPPVへの協力が得られない場合や、血中の酸素濃度が極端に低い、気道分泌物が多いなどのケースでは、NPPVの適用は勧められないとした。

 また、NPPVを行う施設要件として、同ガイドラインでは専門的助言を行える人材(コンサルタント)と専任の看護婦のほか、緊急時対応が可能な集中治療室が必要と指摘。装置は慣れたものを使えばいいが、これから購入する場合は、吸気時の陽気道圧(IPAP)と呼気時の陽気道圧(EPAP)が設定できる(Bi-levelの換気が可能な)機種が望ましいとしている。

 このガイドラインのタイトルは、「BTS Guideline:Non-invasive ventilation in acute respiratory failure」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン8】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  3. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  4. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  5. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  6. 48歳男性。微熱、咳嗽、胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  7. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  8. 陰性感情をコントロールするスキルを獲得しよう 診断エラー学のすすめ
  9. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  10. 製薬企業から“離れた”学術講演会目指す NEWS
医師と医学研究者におすすめの英文校正