2002.02.28

英国胸部学会、非侵襲的人工呼吸のガイドラインを発表

 英国胸部学会(BTS)はこのほど、気管内挿管を行わず、鼻マスクなどで呼吸を補助する「非侵襲的陽圧人工呼吸」(NPPV)のガイドラインを発表した。ガイドラインはBTSの学術誌であるThorax誌3月号に掲載されており、近く学会ホームページ上でも公開される予定だ。

 同ガイドラインでは、NPPVの有用性などに関して得られているエビデンスに重み付けをした上で、現状を整理。疾患・病態別の適用の可否や施設要件などを提示した。

 適用が可能とされた疾患や病態は、1.慢性閉塞性肺疾患(COPD)で呼吸性アシドーシス(pHが7.25〜7.35)がある場合、2.脊柱側弯症や胸郭形成術後、あるいは神経筋疾患による二次性の炭酸過剰性呼吸不全、3.心原性の肺浮腫で持続陽圧呼吸器(CPAP)に反応しない場合、4.気管内挿管からの離脱時−−など。一方、患者に意識障害がありNPPVへの協力が得られない場合や、血中の酸素濃度が極端に低い、気道分泌物が多いなどのケースでは、NPPVの適用は勧められないとした。

 また、NPPVを行う施設要件として、同ガイドラインでは専門的助言を行える人材(コンサルタント)と専任の看護婦のほか、緊急時対応が可能な集中治療室が必要と指摘。装置は慣れたものを使えばいいが、これから購入する場合は、吸気時の陽気道圧(IPAP)と呼気時の陽気道圧(EPAP)が設定できる(Bi-levelの換気が可能な)機種が望ましいとしている。

 このガイドラインのタイトルは、「BTS Guideline:Non-invasive ventilation in acute respiratory failure」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:139
  2. 後輩からの借金を返さないベテランに不満噴出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:12
  3. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:48
  4. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:31
  5. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:75
  6. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承 FBシェア数:642
  7. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:37
  8. 同期になった先輩 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:13
  9. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:34
  10. 医療ドラマのスクラブを院長が着用したら… はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正