2002.02.28

英国胸部学会、非侵襲的人工呼吸のガイドラインを発表

 英国胸部学会(BTS)はこのほど、気管内挿管を行わず、鼻マスクなどで呼吸を補助する「非侵襲的陽圧人工呼吸」(NPPV)のガイドラインを発表した。ガイドラインはBTSの学術誌であるThorax誌3月号に掲載されており、近く学会ホームページ上でも公開される予定だ。

 同ガイドラインでは、NPPVの有用性などに関して得られているエビデンスに重み付けをした上で、現状を整理。疾患・病態別の適用の可否や施設要件などを提示した。

 適用が可能とされた疾患や病態は、1.慢性閉塞性肺疾患(COPD)で呼吸性アシドーシス(pHが7.25〜7.35)がある場合、2.脊柱側弯症や胸郭形成術後、あるいは神経筋疾患による二次性の炭酸過剰性呼吸不全、3.心原性の肺浮腫で持続陽圧呼吸器(CPAP)に反応しない場合、4.気管内挿管からの離脱時−−など。一方、患者に意識障害がありNPPVへの協力が得られない場合や、血中の酸素濃度が極端に低い、気道分泌物が多いなどのケースでは、NPPVの適用は勧められないとした。

 また、NPPVを行う施設要件として、同ガイドラインでは専門的助言を行える人材(コンサルタント)と専任の看護婦のほか、緊急時対応が可能な集中治療室が必要と指摘。装置は慣れたものを使えばいいが、これから購入する場合は、吸気時の陽気道圧(IPAP)と呼気時の陽気道圧(EPAP)が設定できる(Bi-levelの換気が可能な)機種が望ましいとしている。

 このガイドラインのタイトルは、「BTS Guideline:Non-invasive ventilation in acute respiratory failure」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正