2002.02.28

英国胸部学会、非侵襲的人工呼吸のガイドラインを発表

 英国胸部学会(BTS)はこのほど、気管内挿管を行わず、鼻マスクなどで呼吸を補助する「非侵襲的陽圧人工呼吸」(NPPV)のガイドラインを発表した。ガイドラインはBTSの学術誌であるThorax誌3月号に掲載されており、近く学会ホームページ上でも公開される予定だ。

 同ガイドラインでは、NPPVの有用性などに関して得られているエビデンスに重み付けをした上で、現状を整理。疾患・病態別の適用の可否や施設要件などを提示した。

 適用が可能とされた疾患や病態は、1.慢性閉塞性肺疾患(COPD)で呼吸性アシドーシス(pHが7.25〜7.35)がある場合、2.脊柱側弯症や胸郭形成術後、あるいは神経筋疾患による二次性の炭酸過剰性呼吸不全、3.心原性の肺浮腫で持続陽圧呼吸器(CPAP)に反応しない場合、4.気管内挿管からの離脱時−−など。一方、患者に意識障害がありNPPVへの協力が得られない場合や、血中の酸素濃度が極端に低い、気道分泌物が多いなどのケースでは、NPPVの適用は勧められないとした。

 また、NPPVを行う施設要件として、同ガイドラインでは専門的助言を行える人材(コンサルタント)と専任の看護婦のほか、緊急時対応が可能な集中治療室が必要と指摘。装置は慣れたものを使えばいいが、これから購入する場合は、吸気時の陽気道圧(IPAP)と呼気時の陽気道圧(EPAP)が設定できる(Bi-levelの換気が可能な)機種が望ましいとしている。

 このガイドラインのタイトルは、「BTS Guideline:Non-invasive ventilation in acute respiratory failure」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 冬に10mmHg上がる人は心血管リスクが2倍に リポート◎血圧の季節変動は独立した危険因子 FBシェア数:89
  2. 当直医制とかタスクシフトって本当にできる? Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:124
  3. CPAPで鼻マスクと口鼻マスクを選ぶポイント Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:95
  4. 突合点検で発見される診療情報提供料の請求ミス あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:28
  5. 難治性の咳嗽に慢性疼痛治療薬が効く!? 名古屋市立大学呼吸器・免疫アレルギー内科教授の新実彰男氏に聞く FBシェア数:153
  6. 社会的孤立という病には社会的処方も一案 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:99
  7. 院外でも使える外傷患者の大量輸血予測指標提唱 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:174
  8. 若い勤務医との飲み会で「開業医への不満」続々 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:133
  9. もう、いんじゃね? 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:33
  10. 薬剤師っていらなくない? アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:62
医師と医学研究者におすすめの英文校正