2002.02.27

日本動脈硬化学会、高脂血症診療GLの改訂に遅れ

 日本動脈硬化学会は、1997年に策定した高脂血症診療ガイドラインの改訂作業が予定より遅れていることを、このほどホームページ上で明らかにした。同学会は昨年6月の総会でガイドラインの改定案である「動脈硬化性疾患の予防と治療のためのガイドライン(案)」を発表、昨年7月からHP上で学会内外から広く意見を求めていた(関連トピックス参照)。

 同学会診療疫学委員会は、HPに寄せられた意見なども含めて10回の会合を開き、「動脈硬化性疾患の予防と治療のためのガイドライン(案)」の修正案を作成。2月2日の理事会で検討を行ったが、最終的な決定には至らなかったという。今後、さらに理事会レベルで検討を重ね、決定次第HP及び小冊子などで公表する予定だ。

 この修正案はHPには掲載されていないが、昨年9月に米国New York州で開催されたDALM(International Symposium on Drugs Affecting Lipid Metabolism)で発表されている。修正点はガイドラインのステップ2「患者群別治療目標値」に関する部分で、カテゴリーB1(冠動脈疾患がなく、主要冠危険因子が一つある)に属する患者の脂質管理目標値を、総コレステロール値で220mg/dl未満、低比重リポ蛋白(LDL)コレステロール値で140mg/dl未満と、当初の案よりもそれぞれ20mg/dlずつ引き下げるというものだ。

 なお、今回の改訂の根拠となった「J-LIT研究」(関連トピックス参照)は、脂質低下薬であるシンバスタチンの服用者を対象に、調査期間中の平均LDLコレステロール値に基づいて、冠動脈疾患の1次、2次予防効果を評価したもの。対象患者は男性が35〜75歳で、女性は全例が閉経後となっている。

 GLの改訂原案や経緯などの詳細は、日本動脈硬化学会HPの「高脂血症治療ガイドライン」まで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2001.7.9 日本動脈硬化学会、高脂血症診療ガイドライン改訂案をホームページに掲載
◆ 2001.9.11 J-LIT一次予防研究と二次予防研究も発表される

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎の「退院」って何だろう? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:56
  2. ふるさと納税制度が改悪!? 私たちへの影響は Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:79
  4. GPは外科をどこまで学ぶべきか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:1
  5. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:20
  6. インフルエンザ、全国的に流行期に突入 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:13
  7. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:4
  8. こんな組織は“チームスクラップ”候補に! 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:2
  9. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:199
  10. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正