2002.02.25

米国厚生省、40歳以上のマンモグラフィによる乳癌検診を推奨

 米国厚生省(HHS)は2月21日、40歳以上のマンモグラフィを用いた、毎年または隔年の乳癌検診が有効であるとする推奨ガイドラインを公表した。その際、触診によるスクリーニングは、行っても行わなくてもよいとしている。これは、HHSがスポンサーである、予防とプライマリケア分野の専門委員会U.S. Preventive Services Task Force (USPSTF)が、主に八つの無作為化コントロール試験(追跡期間は11〜20年)の結果を元にまとめたもの。USPSTFが96年に作成したガイドラインでは、50〜69歳の毎年の実施を勧めていた。

 USPSTFは新ガイドラインの中で、これまでのエビデンスから、マンモグラフィを用いた検診は、50〜69歳の女性で最も有効であるとしている。40〜49歳については、調査対象となった研究のほとんどが死亡率の低下につながることを示しているものの、より高齢のグループに比べ同年齢グループの乳癌罹患率が低いために、スクリーニングの有効性は比較的低くなってしまうという。

 スクリーニングを実施する間隔については、50歳以上については、隔年よりも毎年がより効果的であるとするエビデンスはわずかだったという。40〜49歳についてもまた、毎年の実施が隔年より明らかに有効であるとするエビデンスはなかったが、同年齢グループでは検診の感受性が低いことや、腫瘍の成長が速いことなどから、一部の専門家は毎年の実施を勧めているとしている。

 USPSTFはまた、マンモグラフィによる検診は、70歳以上にとっても有効だと結論付けている。

 一方、同ガイドラインでは、医師らの触診や患者自身の触診のみによるスクリーニングについては、どちらも充分なエビデンスがなく、肯定も否定もできないとしている。

 なお米国では、2001年に乳癌の診断を受けた女性は19万2200人で、同年に乳癌で死亡した女性は4万600人に上るという。

 詳しくは、HHSによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:139
  2. 後輩からの借金を返さないベテランに不満噴出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:12
  3. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:48
  4. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:31
  5. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:75
  6. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承 FBシェア数:642
  7. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:37
  8. 同期になった先輩 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:13
  9. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:34
  10. 医療ドラマのスクラブを院長が着用したら… はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正