日経メディカルのロゴ画像

2002.02.20

再掲 【日本総合診療医学会速報】 高齢者の血圧は気温が低いほど上がる、健康な高齢者の毎日測定データから

 健康な高齢者の血圧は気温と強く逆相関する−−。これは、香川医科大学総合診療部の木村敏章氏らが、香川県東部に住む15人の高齢者を対象に、3年間にわたって家庭内で測定した血圧データを分析した結果による。2月16日に日本総合診療医学会で発表した。血圧と気温に関する過去の研究は、測定場所が外来、もしくは測定期間が2カ月間、測定回数が年2回といったもので、同氏らのように長期間にわたって毎日測定したデータに基づくものは珍しい。

 分析に用いたのは、起床時に測定した1998年1月から2000年12月までのデータ。対象者は、在宅健康管理システムを利用している高齢者のうち、高血圧症との診断やその治療を受けていない15人(男性7人、女性8人、平均年齢80歳)。同システムはケーブルテレビ網を利用したシステムで、香川県東部で導入されており、家庭に設置された端末を使ってデータを収集できる。

 15人の全データの平均値を月ごとに求め、気温との関係を調べたところ、強い相関関係があった。気温を摂氏x(度)、収縮期血圧y1(mmHg)と拡張期血圧y2(mmHg)とすると、気温と血圧の回帰式はy1=−0.48x+130.3、y2=−0.29x+80.8だった。相関係数rはそれぞれ0.972、0.984と高かった。また、月ごとの収縮期血圧のばらつき(標準偏差)をみると、夏よりも冬の方がやや大きかったという。

 木村氏はこの結果を基に、「高齢者の血圧は気温の影響を大きく受けている」と語った。「起床時の血圧は変動が大きいのではないか」との会場参加者からの指摘に対しては、「毎日同じ条件で測定しているので、そうしたばらつきはほとんどなくなっているのではないか」と答えた。

 なお、この発表は、若手研究者による二つの優秀な研究発表に対して贈呈される「日野原賞」を受賞した。

■訂正■
目次の「高齢者の血圧は気温が低いほど下がる」は、「高齢者の血圧は気温が低いほど上がる」の間違いでした。訂正致します。