2002.02.11

【日本胃癌学会速報】 CP遵守率の医師によるばらつき、改善に「個人データ」が威力

 クリニカルパス(標準治療過程、CP)を導入している診療科の悩みの一つは、患者の主治医がだれであるかによってCPの遵守率が異なること。癌研究会附属病院消化器外科の大山繁和氏らは、チーム内の医師ごとにCP遵守率を分析。その数値を元に、看護婦も交えて話し合いを行うことで、管理の統一や指示の簡素化が図れたとの経験を報告した。CPに対する主治医の取り組み姿勢のばらつきは、多くの医療機関に共通する悩みであるだけに、この試みは参考になりそうだ。研究報告は、2月9日のワークショップ1「胃癌とクリニカルパス」で行われた。

 大山氏らは、1999年11月に診療科内にクリニカルパス委員会を設置。胃癌患者の術前・術後管理の現状を調査し、大筋で現状に基づく形で胃切除や胃全摘などに対するCPを作成・導入してきた。ところが、CP導入後の調査で、患者の回復度合いには問題が無いのに、術後の胃透視検査や経口摂取を再開する時期が遅れるケースが続出していることが判明。CP完遂率も平均40%と低くなっていた。

 そこで大山氏らが、同科の6人の医師別にデータを分析し直したところ、6人中二人の医師でCPの使用率(担当患者のうちCPを適用した比率)が半数に満たなかったことが明らかになった。これらの医師では、CPを使用した患者についても、CP通りの治療は行っていなかった。

 このデータを大山氏らはそれぞれの医師に示し、看護婦も交えて話し合いをもった。その場で検査の意義の問い直しや、胃管などの管理の統一性を確認し、汎用性の高いCPを作成することでCPの遵守率を高めることができたという。

 大山氏は「CPにバリアンス(実際に行われた治療とCPとのずれ)が生じる一番の要因は医師側にある。具体的なデータを示し、看護婦を交えて協議することで、CPそのものの改善も含め、遵守率を向上できる」とまとめた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 48歳男性。微熱、咳嗽、胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  2. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  3. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  4. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  5. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  6. 両側気胸はバッファローチェストが原因? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  8. 開業の融資獲得に準備した2つの“秘密兵器” 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. その爪の赤色、出血? それとも腫瘍? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  10. その「暴れる患者」はただの暴れん坊なのか? EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
医師と医学研究者におすすめの英文校正