2002.01.27

【日本心療内科学会速報】 変わる精神分析療法、リビドー理解は欲動論から対象関係論に−−教育講演より

 1月26日に行われた教育講演1「精神分析と対象関係論」では、九州大学人間環境学研究院・医学研究院教授の北山修氏が登壇。精神分析理論において、人間の思考や行動に大きな影響を与えるとされるリビドー(本能衝動)を、「快楽の希求」ではなく「対象の希求」という視点で捉える「対象関係論」が、精神分析理論の主流となりつつあることを解説した。

 精神分析は、過去(乳幼児期)の体験に起源を持つ「無意識」(抑圧された意識)を意識化することで、神経症などの精神神経疾患を治療する精神療法。フロイト学派の古典的精神分析のほか、フロイト理論から派生した自我心理学、対象関係論、自己心理学の四つのグループがあるとされる。

 北山氏は、これらの理論のうち対象関係論について、母子関係を基軸とするリビドーの発達という観点から概説。母親が要求に応えてくれる時と応えてくれない時がある、つまり対象には両価性(アンビバレンツ)があり、欲求を満たしてくれる「良い対象」と満たしてくれない「悪い対象」が同一であることを受け入れる過程を通し、他者との関係性を築いていくことを示した。

 「世界を二つの対象に分けてしまい、同じ対象に向かって、相矛盾する感情を経験する」(北山氏)状態は、対象関係論では「妄想分裂ポジション」と呼ばれている。北山氏は、「『良い対象が欲しいのだけれど、悪い対象が不安で、その二つが一つであるために〇〇する』という公式をあてはめると、患者を対象関係論的に理解しやすくなる」と述べ、境界性人格障害など、妄想分裂ポジションにある患者の理解に役立てて欲しいとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:322
  2. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:31
  3. 76歳女性。体幹・四肢の丘疹と結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. コカイン中毒――中毒診療で心に留めておきたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:57
  5. 23領域のサブスペシャルティ認定の堅持目指す NEWS FBシェア数:0
  6. 「ACP取りました!」「グッジョブ!」とならない… 米国で学び、働く!あめいろぐ便り for Nurse FBシェア数:136
  7. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:526
  8. 「人生ライフ向上塾!」総選挙結果発表!! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:12
  9. 論文掲載を狙いたい「バリュー雑誌」 市中病院からトップジャーナルを狙おう! FBシェア数:78
  10. 「起き上がってベッドサイドに座れますか」 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正