2001.12.18

【高血圧治療に関する調査】 No.5 降圧効果が得られない場合の処方方針は「他系統の薬剤を併用する」

 調査では、第一選択薬で期待した降圧効果が得られない場合の処方方針についても尋ねた。それによると、いずれの科目においても「他系統の薬剤を併用する」と回答した医師が多かった。特に循環器内科医では7割の医師が他系統の薬剤を併用すると回答した。

 科目別に見ると、その他の内科医とその他の医師では循環器内科医と比べて、「同じ薬剤を増量する」の割合が高かった。また、その他の医師では、「同じ薬剤を増量する」と「他の薬剤に切りかえる(同系統+異なる系統)」の合計が5割で、内科医と比べて、降圧剤を単剤で処方をする医師の割合が多かった。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  2. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
  3. 今年の試験会場はどこ?失敗しないホテル選び 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  4. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの疾患 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  5. 「死ぬ」ということ うさコメント!
  6. 患者を突き放す言葉「そんなに痛いわけない!」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《2》
  7. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  8. 運動は中高年から始めても遅くない BMJ誌から
  9. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
  10. 遺伝子治療に沸く米国と足をすくませる日本 記者の眼
医師と医学研究者におすすめの英文校正