2001.11.12

AHA2001が米国Anaheimで開幕

 米国心臓協会学術集会(AHA2001)が11月11日(現地時間)、米国California州にあるAnaheim Convention Centerにおいて開幕した。今学術集会の会長は、米国Duke大学Medical CenterのAugustus O. Grant氏が務めている。会期は14日までの4日間。4000近い発表が行われる予定のため、昨年同様、「基礎(Basic Science)」「臨床(Clinical Science)」「疫学(Population Science)」の3分野に分けてプログラムが編集されている。プレナリー・セッション、サンデー・モーニング・セッション、スペシャル・セッションのほか、各分野において最新のデータや研究成果などが発表される見込みだ。

 今年は、昨年の参加者からの指摘や意見を反映し、プログラムの組み方を変更している。例えば、Late-Breaking Clinical Trials Sessionsをこれまでは最終日の午後のみに実施していたのを、4日間に分けて行うようにした。また、規模が大き過ぎるという指摘を受け、似たテーマの発表が重複しないように配慮するなど、適切な規模にしたという。そのため、アブストラクトの採択率が1999年は33%だったのが、今年は28%に下がっている。

 また、Personal Digital Assistant(PDA)用のBeaming Stationが設けられたのも今回の特徴。会場6カ所に設置され、プログラムや展示品に関する情報などがダウンロードできるという。不評だった重いプログラムを持ち歩かずに済むようになりそうだ。

 次回のAHA2002は、ChicagoにあるMcCormick Placeで2002年11月17〜20日にかけて開催される予定。AHA2001の詳細については、こちらのホームページまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  2. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:302
  3. 外部の歯科と連携したら在院日数が大幅短縮! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:126
  4. 本当に加熱式・電子タバコは吸っていいのか? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:3
  5. 呼吸器内科医が検査でよく目にする“メレンゲ” 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:12
  6. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト(後編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:30
  7. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:66
  8. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1505
  9. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67
  10. インフル予防接種で心不全患者の死亡リスク低減 Circulation誌から FBシェア数:116
医師と医学研究者におすすめの英文校正