日経メディカルのロゴ画像

2001.11.12

AHA2001が米国Anaheimで開幕

 米国心臓協会学術集会(AHA2001)が11月11日(現地時間)、米国California州にあるAnaheim Convention Centerにおいて開幕した。今学術集会の会長は、米国Duke大学Medical CenterのAugustus O. Grant氏が務めている。会期は14日までの4日間。4000近い発表が行われる予定のため、昨年同様、「基礎(Basic Science)」「臨床(Clinical Science)」「疫学(Population Science)」の3分野に分けてプログラムが編集されている。プレナリー・セッション、サンデー・モーニング・セッション、スペシャル・セッションのほか、各分野において最新のデータや研究成果などが発表される見込みだ。

 今年は、昨年の参加者からの指摘や意見を反映し、プログラムの組み方を変更している。例えば、Late-Breaking Clinical Trials Sessionsをこれまでは最終日の午後のみに実施していたのを、4日間に分けて行うようにした。また、規模が大き過ぎるという指摘を受け、似たテーマの発表が重複しないように配慮するなど、適切な規模にしたという。そのため、アブストラクトの採択率が1999年は33%だったのが、今年は28%に下がっている。

 また、Personal Digital Assistant(PDA)用のBeaming Stationが設けられたのも今回の特徴。会場6カ所に設置され、プログラムや展示品に関する情報などがダウンロードできるという。不評だった重いプログラムを持ち歩かずに済むようになりそうだ。

 次回のAHA2002は、ChicagoにあるMcCormick Placeで2002年11月17〜20日にかけて開催される予定。AHA2001の詳細については、こちらのホームページまで。