2001.11.09

【日本救急医学会速報】 カメラ付き携帯電話で遠隔医療、CT像を1分で転送

 デジタルカメラを内蔵した携帯電話を、医用画像の撮影・転送に使う「遠隔コンサルテーション」法が、11月8日のポスターセッションで紹介された。発案者は、朝日大学附属村上記念病院脳神経外科の山田実貴人氏。簡単な操作で、撮影から1〜2分でCTやMRIなどの医用画像を送信できるという。同病院では3人の脳神経外科医が全員、この携帯電話を使った遠隔コンサルテーションを行っているが、「画像をコンピューターに取り込んだり、携帯電話に別の端末をつなぐ手間が省け、画面は小さいが読影は十分可能」と山田氏は話している。

 山田氏らが遠隔コンサルテーションに使用している携帯電話は、11万画素のデジタルカメラを内蔵し、カラーTFT液晶を搭載した「J-SH07」(シャープ製、J-スカイ対応端末)。モニター面の裏側にカメラが付いており、シャーカステンにかけたCT像やMRI像をそのまま撮影。簡単なボタン操作で画像をメール送信できるという。

 気になる画質だが、写真のようにかなり鮮明なもの。「CT像よりMRI像、梗塞より出血の方がコントラストが付くので見やすいが、いずれも緊急時の判断には十分な画質。12誘導心電図も4分割して送れば十分に読めた」と山田氏は言う。

 このシステムは、研修医や専門外の医師が当直を行っている場合など、所見が口頭では上手く説明できないケースで威力を発揮する。「そういう場合、自宅などにいる脳外科医が携帯電話で呼び出されることも少なくないが、先に画像を送ってもらえれば、病院に向かうまでの間に適切な指示を行える。脳出血や頭部外傷など、一分一秒を争う病態では特に有用」と山田氏は強調している。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:38
  2. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:3
  3. 親世代に広がる百日咳の見つけ方 トレンド◎百日咳患者の3割は成人、どう診断する? FBシェア数:34
  4. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:26
  5. 教科書に書いてある髄液循環は間違い 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:28
  8. 「着る」除細動器は不整脈死を減らせない NEJM誌から FBシェア数:40
  9. 業務効率化しても長続きしない…対処法は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:6
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師 FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正