2001.11.08

【生物テロ】 NEJM誌、炭疽に関する論文を早期公開

 New England Journal of Medicine(NEJM)誌は11月6日、炭疽の最新知識や症例に関する二つの論文をホームページ上で公表した。疾患の治療や予防に大きなインパクトを持つ論文を、雑誌掲載に先立って公表する「Early Release」(早期公表)制度による。 今回公表された2論文は、NEJM誌11月29日号に掲載される。

 論文は、炭疽に関する最新情報を網羅的に紹介したものと、今年9月にニューヨークで皮膚炭疽に罹患した小児の症例報告の2報。前者は、炭疽菌の生物学的・病理的な特徴や炭疽の疫学、肺炭疽や皮膚炭疽など各種炭疽の臨床症状や転機、抗菌薬を用いる治療や予防、院内感染の防止策などについて、現在までに得られた知見を解説している。後者は、親の勤務するテレビ局で皮膚炭疽に罹患したと考えられる2歳小児の症例を、写真付きで報告している。

 論文のタイトルは、「Recognition and Management of Anthrax -- An Update」と「Cutaneous Anthrax Infection」。前者はこちら、後者はこちらで、アブストラクトを閲覧できる。このページから全文(PDF形式)のダウンロードも可能だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  2. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  3. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
  4. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  5. 軟部陰影の異常をどう読む? 今さら聞けない画像診断のキホン
  6. “お役所仕事”な定期予防接種の特例 泣かせない小児診療ABC
  7. 「暴れる患者」に対応する方法 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
  8. どうなる?メソトレキセートの供給不足 トレンド(DIオンライン)
  9. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  10. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
医師と医学研究者におすすめの英文校正