2001.11.05

【生物テロ】 米AFIP、肺炭疽の病理・X線所見などをインターネットで公開

 米国陸軍病理学研究所(AFIP)はこのほど、肺炭疽に関する病理学的な情報を集積したインターネット・サイトを開設した。肺炭疽の病理像や胸部X線写真、CT像など、診断に欠かせない画像が鮮明な画質で閲覧できる。

 肺炭疽患者の胸部X線写真の特徴は、縦隔が拡大し、大量の胸水が進行性に貯留する点。症例として、今回の生物テロの被害を受けたとみられる郵便局員の胸部X線写真も紹介されている。詳しくは、AFIPの「INHALATIONAL ANTHRAX」まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:51
  2. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:26
  3. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:135
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:27
  6. 好機! 「入退院支援」が新たな収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:26
  7. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:6
  8. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:62
  9. 抗結核薬のせいじゃない。○○による肝障害 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:24
  10. 便潜血陽性者が大腸内視鏡精査を拒否したら? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:81
医師と医学研究者におすすめの英文校正