2001.10.06

【日本胸部外科学会速報】 COPD合併肺癌患者、肺下部切除なら肺機能低下は軽微

 千葉大学呼吸器外科助手の関根康雄氏らは、肺癌患者が慢性閉塞性肺疾患(COPD)を合併していても、肺の下部を切除する手術なら、術後の肺機能低下は比較的軽いことを見出した。従来の「肺機能的限界」に基づく手術範囲よりも、症例を選べば広範囲の切除が可能であることを示すもので、手術適応の見直しにつながりそうだ。関根氏らはこの研究結果を、10月5日の一般口演で発表した。

 報告によると、1990年1月から2000年3月までに同科で肺癌の手術を受けた950人から、腫瘍最大径が5cm未満の末梢型肺癌で、肺葉を切除し、術前と術後約1カ月で肺機能検査を行った521人を抽出。術前のCOPD合併の有無と、術後の肺機能との相関を検討した。なお、「術後1カ月で肺機能検査が行えた人」を検討対象としたため、周術期死亡例などは除かれている。

 努力性呼気の1秒率が70%以下で、かつ1秒量(FEV1)の予測値に対する割合が70%以下の場合をCOPDと定義すると、術前にCOPDを合併していた患者は48人、正常肺機能患者は473人となった。関根氏らは、これらの患者に肺葉切除術を行った後の「術後予測FEV1」をCT像から求め、「術後実測FEV1」との比較を行った。

 その結果、術後のFEV1低下率は、COPD患者では切除範囲から予想された低下率よりも少ないことが判明。特に肺の下部を切除したCOPD患者では、術後予測値よりも15%、術後の実測FEV1値が良好なことがわかったという。
 
 これらのデータから、関根氏らは「術後合併症を回避できれば、COPD合併肺癌患者では術後の残存肺機能を予想以上に温存できる」と結論した。ただし、同科の千代雅子氏らの検討で、FEV1の予測値に対する割合が50%以下の重度COPD患者では、手術をきっかけに肺機能が増悪するケースが多いことも今回発表されている。「術前から呼吸訓練などを行うことで、術後の肺の動きを改善する試みも、COPDなどの呼吸器疾患合併例には必要」と千代氏は指摘している。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 65歳女性。発熱、咽頭痛、胸痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 「医師になる気はない」と明言し医学部合格 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:225
  3. 何かに依存していることは悪いことか? 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:223
  4. サブスペシャルティ候補は90領域、審査は4月から NEWS FBシェア数:6
  5. 主訴<腹部激痛>なのに軟らかい腹の謎 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:87
  6. 昨年読んだ書籍、一番人気は『サピエンス全史』 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:33
  7. 院内に1人はいる“確定申告漏れ” Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:39
  8. 医師の時間外労働上限の特例、「年間1860時間」… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:43
  9. 飲酒前に服用する国内初の飲酒量低減薬 最新DIピックアップ FBシェア数:389
  10. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼 FBシェア数:298
医師と医学研究者におすすめの英文校正