2001.10.05

【日本痴呆学会速報】 アルツハイマー病治療のオーストラリアの現状、P. Henschke氏が報告

 薬物、非薬物を含めて、アルツハイマー病の治療をどのように行うべきか――。こうした問題を考える第20回日本痴呆学会学術集会のサテライトシンポジウム「痴呆の治療」において、オーストラリアRepatriation総合病院のPhilip Henschke氏が10月4日、日本と異なり政府がアルツハイマー病の治療方針を定めているオーストラリアの現状などについて講演した。

 オーストラリアの痴呆治療で導入されている薬事ベネフィット・スキーム(PBS;Pharmaceutical Benefit Scheme)について、まず説明を行った。PBSは経済的な効果などを考慮して、政府の委員会が推奨する薬剤リストや、使用を制限している高価格の薬剤などがまとめられているという。例えば、1.専門の内科医もしくは精神科医がミニ・メンタル・ステート検査(MMSE)を行い、その点数が10〜24点であれば軽度から中等度のアルツハイマー病と診断しコリンエステラーゼ阻害薬を投与する、2.治療を始めてから6カ月以内に治療効果の判定を行い、例えばMMSEが2ポイント以上、あるいは認知機能を評価するためのアルツハイマー病認知機能評価スケール(ADAS-Cog;Alzheimer's Disease Assessment Scale, cognitive subscale)が4ポイント以上改善していないと、同薬を使った治療を継続できない――などと決められているという。

 さらに、コリンエステラーゼ阻害薬であるドネペジル(商品名:アリセプト)、リバスチグミン(同:Exelon、本邦未発売)、ガランタミン(同:Reminyl、本邦未発売)の臨床試験結果についてそれぞれ述べた。それらを踏まえて、軽度から中等度のアルツハイマー病に対するコリンエステラーゼ阻害薬の使用は、様々な臨床試験結果を収集し、評価・解析結果が収載されているCochrane Reviewsなどにより支持されているが、6〜12カ月を超えて病気の進行を抑える効果については、強力なエビデンスはないなどと説明した。

 このほか、これまで効果があると言われている、ビタミンE、イチョウ葉、エストロゲン(女性ホルモン)、モノアミンオキシダーゼB遮断薬のセレジリンなどの治療効果を紹介。さらに、将来的に有望と考えられるアルツハイマー病の治療法として、βアミロイドワクチン、アミロイドβの生成を阻害するγセクレターゼ阻害薬、神経成長因子刺激薬を挙げた。

 Henschke氏は痴呆ケアについても簡単に触れ、世話をしている人へのケアが重要との認識を示した。日本と同様にオーストラリアでも、家族によるケアから資金的な裏づけがある公的なケアに少しずつ移行していると述べた。同氏は、アルツハイマー病について、「まだ治癒させることはできない。症状を悪化させる恐れはあるものの、症状を緩和させることはできるし、何より介護ケアにより常に助けることができる」と語った。

 なお、このサテライトシンポジウムは、日本痴呆学会、エーザイ、ファイザー製薬の共催で行われた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  2. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  3. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  4. AIは放射線科医に代わるのか? 答えはNo 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  5. 過去5年の得点率から今年の対策を考える 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  6. 糖尿病患者の腎症進行の原因物質を同定、新たな治療… シリーズ◎腎臓を守る最新の治療戦略
  7. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  8. 吸ステ単剤:オルベスコが初めてランクイン NMO処方サーベイ
  9. お別れを言いに来たミチオさん ぐるぐる訪問看護
  10. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
医師と医学研究者におすすめの英文校正