日経メディカルのロゴ画像

2001.09.25

【日本心臓病学会速報】 AMI患者のPTCA入院費のばらつき、病院が一番の決定因子

 急性心筋梗塞患者の場合、経皮経管冠動脈形成術(PTCA)の入院費は合併症の有無や使用したステントの数などよりも、どこの病院でPTCAを受けたかにより大きく左右されるとの分析結果が示された。国立病院東京医療センター循環器科の茅野眞男氏らが9月24日、日本心臓病学会学術集会の一般演題(口演)で発表した。PTCAの入院費は患者ごとに大きく異なることが指摘されてきたが、その要因はあまり明確に示されてはいなかった。

 全国38病院のデータが登録されている、全国心血管インターベンション学会によるPTCA全国コストデータベースを用いて多変量解析した。急性心筋梗塞群(AMI群)675例と非急性心筋梗塞群(nAMI群)1239例に分けて、それぞれ多変量解析を行い、因子の単独の決定係数partial R-squareを求めた。

 AMI群においては、「病院番号(病院ごとに割り振られた番号のこと)」(R-squareが0.20)が最大の決定因子で、「合併症がある(重い)と高い」(同0.07)、「使用したバルーン本数が多いと高い」(同0.07)、「使用したステント数が多いと高い」(同0.06)、「年間PTCAが150件以下だと高い」(同0.06)といった因子を大きく上回った。

 解析に用いた因子の中に、病床規模、病院の経営主体、PTCAの年間施行数、年間AMI患者数などは含まれているが、それでも病院間のばらつきが最も大きかった。こうした結果を踏まえて病院間の相違が大きいことについて、茅野氏は、「実施した検査の回数、術者の相違などが影響しているのではないか」と予想している。

 一方、nAMI群においては、「使用したバルーン本数が多いと高い」(同0.19)、「使用したステント数が多いと高い」(同0.19)、「合併症がある(重い)と高い」(同0.13)の順に高く、「病院番号」(同0.04)は低かった。

 また、茅野氏は、「登録している医療機関は年間施行数が多い施設に偏っているため、入院費の格差はもっと広がるかもしれない」とも語った。