2001.09.18

【日本骨粗鬆症学会速報】 甲状腺腫瘍などへのTSH抑制療法、ビス製剤の併用で骨量が増加

 甲状腺刺激ホルモン(TSH)抑制療法を行う際に、ビスフォスフォネート製剤(ビス製剤)を併用すると、甲状腺ホルモン剤による骨量の減少を抑制できるようだ。京都甲状腺研究会による研究結果が、9月15日の一般口演で報告された。

 TSHは、甲状腺腫瘍などを増大する作用がある。そのため、甲状腺ホルモン剤を投与してTSHを抑制する「TSH抑制療法」は、甲状腺腫瘍治療の第一選択として行われてきた。しかし、バセドウ氏病などで血中の甲状腺ホルモンが過剰になると、骨量が減少することが判明。TSH抑制療法では、甲状腺ホルモンをやや過剰に投与するため、骨への悪影響を危惧して近年は同療法を手控える風潮があった。

 これに対し、同研究会では、骨吸収を抑制する作用を持つビス製剤のエチドロネートを甲状腺抑制療法に併用。TSH抑制療法の対象患者9人について、腰椎、大腿骨頚部と橈骨の骨量を併用前後に測定したところ、腰椎と大腿骨頚部では骨量の有意な増加が確認できたという。

 結果を発表した甲子園大学の田中清氏は、「最近はTSH抑制療法をためらう動きもあるが、TSH抑制療法が必要な患者には、エチドロネートを併用すれば骨への悪影響を回避できる可能性がある」と強調。また、甲状腺外来の受診者には中高年女性が多く、40歳代でも3割、60歳代では9割に骨粗鬆症または骨量低下がみられたとのデータも提示し、「甲状腺外来には骨粗鬆症好発者が集まると考えられるので、骨量測定を積極的に行うよう、甲状腺学会など関連学会にも呼びかけていきたい」と結んだ。


-->医薬品スペシャルへ
-->整形外科スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:685
  2. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:207
  3. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:173
  4. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:40
  5. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:181
  6. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:106
  7. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:16
  8. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II FBシェア数:105
  9. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
  10. おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正